柳蔭書翰

徒然なるままに、音楽関連の話題に拘らず、常ならんこの世の事々書き散らし諸兄のお耳汚しに供したく思います。

祟目

2017-07-15 08:25:43 | Weblog
女防衛相が福岡の被災地を視察したんだそうです。それを産経新聞が(朝日ではなくて)叩いてます、誰の為の視察か?って。つまり今までの舌禍や不祥事をお為ごかしの慰問で(自衛隊員への慰問ですからね)ごまかすつもりかという咎めです。何やってもダメです今は。これが行かなくてまたどこか冷房の利いた所でアゴ付きの勉強会などしていたら、それはそれで大叩きされますから。こういう時の自衛隊員の働きこそが国を支えているのだ、その長たる者が・・!きっとこう来ます。そこまで考えてやったかどうかは知りませんが、行かぬよりは行くべきだという判断だったのでしょう。でも、坊主憎けりゃの心境にこっちもなってます、あんな現場に綺麗に化粧したピアス姿の女は似合いません(スッピンで髪振り乱して行けという意味ではもちろんないですよ)、オッサン大臣でも役には立ちませんが。という空気の中、敢行した勇気は認めますか。弱り目に祟り目、というやつです。
 沖ノ島、世界遺産に登録されたを機に一般の参詣を禁じるそうです福岡県は。へぇ~。見直しました。この指定はそういう方向に利用するが元々の趣旨の筈ですから。でも、宗像市にすればどうなんでしょうね。せっかくの町おこしが・・じゃないんでしょうか。ひと儲け企んでる連中は多いでしょうにね。
 稀勢の里、照ノ富士、同時に休場です。どっちも大怪我抱えてます、それは皆知ってます。が、こうやって同時に傷んでしまうと、どうだかなぁです。稀勢の里が横綱になる段のあの大ドラマはこの二人が主役でした、当時から二人とも大怪我抱えてました。こなた左腕が使えない、あなた左膝が利かない。そしてとうとう二人とも潰れて。鬼(白鵬)の居ぬ間の出来事だったのでした、鬼が帰ってくるとこの始末。治るまで出るな。そういう空気ですが、治らないんじゃないですかね、どちらも。そんな気もします。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 懐古 | トップ | 上塗 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

Weblog」カテゴリの最新記事