柳蔭書翰

徒然なるままに、音楽関連の話題に拘らず、常ならんこの世の事々書き散らし諸兄のお耳汚しに供したく思います。

眉唾

2016-11-26 08:24:27 | Weblog
不覚 これも稀勢。コロリ3敗目。新聞見出しです。横綱三人ともに勝って、やはりこっちかぁと思わせといて格下に負ける。だから星が上がらない。いつものことですけれど、この人も万年大関ですな。他の万年さん達、琴奨菊はとうに負け越してますし、豪栄道はクンロクへのいつものコースです。一度しかない花火を大事に覚えておけばいいんでしょうなぁヒット曲一発で生きていける歌手のように。神風報道のむなしさよですが、こっち(マスコミ)も懲りませんからねぇ。
 54年ぶりかの東京の11月の積雪騒ぎ、地球温暖化が原因だと各局にそれぞれ配置されてる気象予報士が解説します。でも、これも結論ありきの遡上論、言わばこじつけ論なんでしょうね。地球温暖化ってのが現にあるという前提、それが諸悪の根源だとする前提です。でも、きちりと証明されているのでもないようで、あれこれ反論があります。きちり、というのは連中が依拠する(していると構えている)ところの科学的判断です。客観性、再現性、一般化(数式化)できること等々が満たされているのか。南極や北極の氷が溶けているという現象を指してその原因は?と考えて地球の温度が何十年前と比べたら2℃か3℃か上がっているという観測データを当て嵌める。さらにはその原因をCO2排出過多と決めつけて政治問題化する。よく言うように相関関係と因果関係とは厳格に区別せねばならぬのですが、ここがきっと曖昧なんですよ。その原因をCO2排出に決めつけて俗耳には入り易いですからね、気温が上がれは氷が溶ける、そうなんだぁ、です。でも、いや実は氷は減ってないとか反論は次々に出てくるのです。現にこんなに寒くなってるの温暖化が原因なんて逆説のように言われても、普通の人はそこで思考停止してワシにはわからんけぇで終わりです。だからズルズルと引っ張れる、当然の前提として話をこじつける。声の大きい方に、偽善欺瞞方向に物事は流れるもんです。眉唾。みんなが言うこと、正しくは、皆が反論せずに黙っていることは眉唾ですよ、皆様。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 得意 | トップ | 所為 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

Weblog」カテゴリの最新記事