柳蔭書翰

徒然なるままに、音楽関連の話題に拘らず、常ならんこの世の事々書き散らし諸兄のお耳汚しに供したく思います。

責任

2017-07-12 08:27:51 | Weblog
ISの拠点だったモスルが陥落しました。イラク軍が奪還したとのニュースです。どうしてもっとTVは報道しないですかね。こいつらが無茶してイスラム原理主義とやらを振り回して住民を盾にして破壊行為を続けて、その経過はあれだけ何度も映像流して(顔を布で巻いて隠して銃を抱えて隊列組んで行進している、例の奴です)、向こうが流してくるネット画像までご丁寧に世界中に流す。相手にとってこんな宣伝ないですよね。あんなことを平気でやって向こうを利していたのに、向こうの勢いが落ちてくれば無視するわけです、ニュースソースとして価値低いんですね、そういう判断です。どっちの味方なんだ?こういう批判は当初からあったことでしたが。でも、思いますね、箍が外れるとこうなってしまう地域だったわけです元々、そこをきちんと統制支配していたのがフセインであった、カダフィーであった、エジプトの大統領だったんです。それを潰したのがアメリカですよ、ヒラリーを先頭にした新自由主義、ネオコン連中です。何故潰した?言うこと聞かなかったからでしょう、利権を渡さなかったからでしょう。潰した後(獲れるだけ収奪した後)は知らん顔しますからあの混乱です。民主主義ってのが生着しない地域ってあるのです、曽野綾子が言う通りです。第一次大戦で旧体制(イスラム体制)が潰されて欧米の勝手に区切られて(サイクスピコですね)、その逆襲を食らった図です。というより自分達の勝手な体制を、勝手に潰して再び混乱に陥れたのが欧米なんですから。やれやれですよね。誰の責任だい?!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 捜索 | トップ | 類型 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

Weblog」カテゴリの最新記事