柳蔭書翰

徒然なるままに、音楽関連の話題に拘らず、常ならんこの世の事々書き散らし諸兄のお耳汚しに供したく思います。

抗議

2016-10-31 08:25:21 | Weblog
現代もすなる医薬品(医療)批判、文春もしてみんとてするなり。週刊誌の話です。週刊現代が長く続けて結構物議を醸した話題でしたが(読んでないのですが)、週刊文春もやってます。私も薬出し過ぎ(飲み過ぎ、飲まされ過ぎ)傾向は認めますし、素人騙しの薬売らんかなの宣伝が多すぎ、尻馬に乗ってる医者が多すぎと別のブログで批判しているのですが、文春の今週号はちといただけませぬ。新潮と文春は毎号読んでいて、文春のこのシリーズ、過去はがん検診のやり過ぎとか降圧剤の功罪とかそれなりの内容だったのでしたが、今週号は「飲んではいけない薬」と大見出し、記事の中で「飲まない方がいい薬」と言い方を変えて(ずるいです)一覧表を掲げてます。その中に総合感冒薬、胃薬、入眠剤(睡眠導入剤)、糖尿病薬を並べてます。こんな汎用薬を悪者に仕立てては混乱をきたす以外にないでしょうにと思うことです。総合感冒薬とはいわゆる風邪薬です。PL顆粒が有名ですね、粉薬です。注意点としてこう記載があります、高齢者では認知機能低下や転倒の危険があり、さらに緑内障や尿閉(尿が出にくくなるを起こす恐れがあると。いやいや、たしかに薬の能書きには書いてあることですが、そんな危険な薬がこんなに全国あちこちで汎用される筈がないのですよ。確かに中に尿が出にくくなった人がいます、経験したことがあります、が、極々稀にです。医者のことわざにシマウマを探すな、があります。馬の蹄の音が聞こえた時に、シマウマか?とわざわざに珍しい稀なものを思い浮かべるなという戒めです。めったにない副作用(好ましくない反応)を殊更に強調して非難するは百害あって一利なしの典型です。抗議モノですな。文春さん、あんたもか?です。。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 失着 | トップ | 隠味 »

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事