柳蔭書翰

徒然なるままに、音楽関連の話題に拘らず、常ならんこの世の事々書き散らし諸兄のお耳汚しに供したく思います。

貫禄

2017-03-21 08:25:58 | Weblog
都議会の百条委員会、NHKが実況中継しましたのでずっと見てました、昨昼。脳梗塞したから記憶があぶない、ひらがなを書けないと冒頭断ってました、あの歩容を見ると脳梗塞の影響や如何にとは思わせますがいやいや、質疑(尋問らしいですよ正式には)が始まればシャンとしたものでした。6人だかの質問者に答える形式でしたが、終わった後の感想は、質問者の力不足、貫録負け、でした。石原さんの責任を問いたいのでしょうし、それを認めさせたいのですが、決定権者としての責任はあると初めから本人が言うてますからどうしても詰めが甘くなる。瑕疵担保責任について知っていたのかどうかと勢い細部に亘るしかなくなるのですが、売りたくないと思ってる者(東京ガス)を翻意させるにはそれなりの条件が要りますよ、売ってくれたらあとの環境整備はこっちが請け負うなんてのはよくある交渉条件でしょうにね。しかもその交渉は辣腕腹心の浜渦さんに任せていたとあらば、詳細を知らぬというのも嘘じゃないのでしょう。そこを突くのです、最高責任者がそんなことでいいのか?。石原さんは即座に、いいじゃないかそれで、審議委員会なり議会なりの承認を得ているのだからと反論する。公明党やもう一人の女議員は質問を簡潔にしてくれと返されてタジタジ。共産党の男議員が強い口調で責めてはいましたが、これとて記憶にないと言い続けてチョン。一体何を訊きたかったんだ?尋問を終わりますと〆る割には何を聞きたいのか全く統一性がなくて。自民党議員は過去の業績を褒めてましたよいきなり。つまり小池さんを責めてくれという(しっかり再び小池さんの不作為を咎めてました)、来るべき都議選への布石のつもりだったんでしょうな。あれこれ思惑は見えましたが、石原さんの貫禄勝ち。あれじゃぁダメだわ。そう思いましたが、いかがでしたか。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 公称 | トップ | 悪法 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

Weblog」カテゴリの最新記事