Watch me grow !

米国アラバマ州に住む我が家の日々の生活と、一人娘ちゃっぷ(2005年3月生まれ)の成長日記  By あきこ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

新たなスタートです

2017年03月07日 | 育児

アメリカから帰国し、次女が産まれ、私の日常が変化したこと。
世間ではSNSが主流になってきたこと。
色々な事情により、このブログも2012年の七五三以来、更新がストップしておりました。
その間、家を建て、私も仕事を始め、次女も小学校に入学し、私たち家族の生活も大きく変化しました。

そしてこの春から、夫が再びアメリカへの転勤となり家族で引っ越します。
また新たなフェーズを迎えるに当たり、この投稿を最後に本ブログの更新も終了することに致しました。

これ以降は、Facebookなどでまた親しい方々には近況をご報告させていただきます。
ありがとうございました!

【写真は、昨年のちっぴー七歳の七五三】

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

七五三

2012年08月30日 | 育児

今年はちゃっぷ七歳、ちっぴー三歳。
夏の初め、日焼けする前に、張り切って前撮り行ってきました~



 


 


ちっぴーの着物は、ダンナの妹のもの。
そしてなんと、ちゃっぷの着物はおばあちゃん(姑)のもの。


孫たち二人がの晴れ姿に、おばあちゃんも大喜び。
レンタルの流行の柄もかわいいけど、今の着物にはないレトロな趣があって、
何とも良い感じじゃございません?



 


 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

金環日食

2012年05月21日 | 育児

ちゃっぷが通う市の学校では、金環日食を観察するため1時間登校時間を早め全校生徒に日食グラスも配られた。
ちょうど登校時刻に重なるので、こういう配慮はとってもありがたい!

 

私も張り切って上の娘を送り出したあと、家の前で観察。
ばっちりゴールドリングを拝みました~。
すぐ裏のインターナショナルスクールからはカウントダウンやWhooooo!と歓声が聞こえてお祭りムード。

そばでシャボン玉で遊ぶちっぴーにも、二歳児にちゃんと見えてるかどうか怪しいと思いつつ何度か観測グラスを覗かせた。
だって2歳のちっぴーも40歳の私も、きっと
次回はないもんね~。
家に入ってからテレビに日食の様子が映っているのを
見て
「あ!ちっぴーのといっしょ!いっしょ!!」と言ってたので
、ちゃんとあの小さい穴から覗いて見ていた様子。
確実に忘れちゃうだろうけど、世紀のイベントを体験できて良かった良かった。

一方、学校から帰ったちゃっぷは
「日食すごかった~!!でも輪っかは
見えへんかったわ。」
って、3分弱もリングになってたはずなのに
、一体何を見てたんだろう??

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

I turned 40! OMG!!

2012年04月19日 | 育児

ついについに、この日を迎えてしまった。
40歳・・・

アメリカ出張中のダンナはどうやら、このスペシャルデーを忘れている模様。

自分でお寿司作って、自分でケーキ買って、何だかムナシイ40代の幕開けかと思いきや・・・
友人からプレゼントが届き(明日香ちゃんありがとう!)、メールが届き、Face Bookでもたくさんの皆さんからメッセージをいただき、


そして娘たちからのキスxoxo



みんなありがとう!!いいこといっぱいありますように・・・

ダンナからのプレゼントという名目で勝手に買ったネスプレッソでコーヒー煎れてチョコケーキでお祝いだ~♪♪

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

tooth fairy coins

2012年03月23日 | 育児

ちゃっぷはクリスマスや誕生日に何が欲しいのか聞くと、「新しい水筒!」とか「かわいいノート♪」とか
拍子抜けするくらい、安価なものばかりをリクエストする。


スイミングで進級したご褒美に、おじいちゃんにトイザらスに連れて行ってもらい
「好きなものを買ってあげる(でも、あんまり高いのは無理やで~)」と言われたときも
店をぐるぐる回って1時間ほど散々悩んだ挙句、結局選んだのは入り口付近に並んでいるガチャガチャだったり(笑)


先週の7歳の誕生日も、「あのさぁ、実はさぁ、二つも欲しいものがあるねん」とねだったのは
ルービックキューブとけん玉。(昭和か!!!!)


物欲がないというか、そもそも何が高いか安いか、物の価値がわかってないんだろう。

まぁ、何でもかんでも金額に換算する計算高い一年生よりはいいかな・・・

と思っていたら、そんなちゃっぷならではのお願い事に、ここ数日頭を悩ましている。


先日二本目の乳歯が抜けたことを書いたが、すでに次の二本がぐらぐらし始めており、
毎日何度も、グラグラ度合いのチェックに余念が無い。
そして、ここ何日かグラグラチェックの後に必ず

「あ~ぁ、トゥースフェアリーは(抜けた歯と引き換えに)100円じゃなくて、トゥースフェアリーの絵のコインとかをくれたらいいのになぁ」
とつぶやく。

最初は「ホンマやなぁ」と適当に流して乗り切る作戦に出ていたが

「そうや!次に抜けたら手紙書いて、トゥースフェアリーのかわいいコインに換えてくださいってお願いしたらいいんや!」
と言い出した。

「でもさぁ、100円やったら好きなもの買えるけど、トゥースフェアリーのコインは使われへんから、100円でいいんちゃう?」
と誘導作戦に切り替えたが
「使われへんでいいやん!せっかくトゥースフェアリーがくれたコインやねんもん。」

ここまで信じてくれていたら、和製トゥースフェアリーであっても何とかせなばなるまい。


昨晩、この無理難題を解決すべく気合を入れて "tooth fairy coins" で検索をかけてみたら、
なんと、山ほど希望の品がヒット。

銀製で一枚50ドルくらいする高価なモノもあるが、20枚セットで25ドルとお手ごろなコインを発見!


http://toothfairycoin.com/index.html

チャッキーチーズ(アメリカのゲーセン)のコイン並みにちゃっちい感じだけど、ちゃっぷの願いには十分応えられる。
問い合わせてみたら、日本にも発送してくれて、しかも送料はたったの5ドル。

こんなにあっけなく解決するとは。
だからネットショッピングはやめられないのよね

さて、「やっぱり現金がいい」と言い出すのは、何本目の歯が抜けた頃になるだろう・・・
ま、余ったらちっぴーに使えばいいし。
(ちっぴーは最初から現金と言いそうな気配が既にプンプンしてるけど)





 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

tooth fairy

2012年02月21日 | 育児

ちゃっぷ二本目の乳歯が抜けました。

 

私のこどもの頃、上の歯が抜けた時は「ねずみの歯ぁ~とぉかえてくれ~」と叫びつつ縁の下に
下の歯が抜けた時は「すずめの歯ぁ~とぉかえてくれ~」と屋根の上に、抜けた歯を放り投げていた。

「ねずみの歯」はいかにも丈夫そうだけど、「すずめの歯」とはどういうこと?
ネットで調べれば一発でどんな疑問も解決する昨今にはめずらしく、さっき検索しても何故すずめなのかの答えが
すぐには見当たらない。そもそもすずめに歯なんてあるの?

それはさておき、こんなにキレイでかわいらしい歯を放り投げてしまうのは忍びない。
我が家では欧米式にトゥースフェアリーに登場してもらうことにしている。

 


このトゥースボックスに歯を入れて枕の下に敷いて寝ると、妖精がやってきてコインと換えてくれる。
ちなみにトゥースボックスは色んなデザインがあるし、トゥースピローというポケット付き枕カバーなんかもある。
この素敵なボックスはアメリカを去るときにお友達からいただいたもの。

さて、クリスマスプレゼントは、リビングのクリスマスストッキングの中(下)なので、寝静まったのを確認したら
プレゼントを置いておけばよいのだが、トゥースフェアリー役はなかなか難しい。
何しろ枕の下に手をつっこんで、このボックスを取り出し、歯とコインの入れ替えるという作業を
子どもを起こさないように完了しなければならない。
暗がりで、うっかり小さな乳歯を落としでもしたら、悲惨なことになる。

クリスマスのときと同様、ちゃっぷはトゥースフェアリーが、新しい家に気づかなかったらと心配していたが
翌朝、超!早起きして100円玉になっているのを見つけてご満悦。
まだまだかわいいのぉ。

そして、回収した歯はこのTooth Albumに抜けた日付を記入して1本ずつしまっておく。


1本目の左下の乳歯が抜けたのは2011年3月。
今回の右下のが抜けるまでに丸一年もかかっている。
全部生え変わるまで、まだまだ先は長そうだけど、母はちゃんと全ての歯を回収&コレクションできるのか・・・。


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

バレンタイン

2012年02月15日 | 育児

14日の朝になって突然「Kくんにチョコレートを渡したい」と言い始めたちゃっぷ。


16日までダンナは出張だし、今年のバレンタインは完全に放棄していた私。
当日の朝になってそんなこと言われても、当然何も用意してないし。
でも1年生女子としては、まだまだおぼこいちゃっぷにしては、初めての色気づいた発言。
朝ごはんの後、
急いでバレンタインカードだけ書かせて、ちょうど参観日だったので、チョコは適当に母がみつくろって持っていくことに。

参観が始まってから「あれ、そもそも学校にチョコって持ってきてよかったっけ?」と急に不安になり周りのお母さんたちに聞いてみると

「うちの子も言ったけど、学校にチョコはあかんと却下した」
「先生に見つかったら怒られるよ」

と『学校にチョコは禁止』というのは、言わずもがなの共通認識のよう。
そうか、ダメなのか。
朝から持たせなくてよかった・・・

バレンタインの日はクラス全員にカードを渡し、先生には特別なプレゼントを用意していたアメリカ時代。
授業中は頑張ったらご褒美にジェリービーンズやチョコをもらい、先生もガムやアメを食べながら・・・というのを見て
「ったくアメリカ人は・・・」と思っていたけど、私も日本の感覚からはズレているらしい。


参観後の学級懇談会でも
『体育がある日のニーハイソックスはダメ。体操服の上に長袖はいいけど、長ズボンはダメ。長袖も丸首のみ、パーカーはNG。』
『3年生までは缶や布のふでばこはダメ。』
『ハンカチはランドセルではなく必ず服のポケット』

と、まぁ禁止事項や決まりごとの多いこと!
それぞれ理由がある決まりであることはわかるけど、別にええやん細かいなぁと、心の中でつぶやく。
そもそもこれだけインフルエンザが流行り、学級閉鎖が続出してるのに、寒風の中短パンで体育をする必要があるんだろうか?
と思っても、口にはしないけどね。

学校で禁止されていなくても、ちょっと他の子と違う持ち物や服装をしていると、
「こんなん持ってきたらあかんって〇〇ちゃんに言われた・・・」
と友達からダメ出しがある。そりゃもう、しょっちゅう。
「先生がダメって言ったんじゃなかったら、別にいいの。おかあさんがいいって言ってると〇〇ちゃんに言いなさい」
とはいうものの、そういういかにも女子的な嫌味に免疫のないちゃっぷが、すごすご帰ってくるのを見るのは忍びない。

こうして、画一的なこどもが量産されるわけね。

がんばれ!ちゃっぷ!!

ちなみに、母との連携プレーで、下駄箱の前で無事Kくんにチョコを渡すことができました♪
びゅんびゅんゴマが上手な、なかなかのハンサムボーイであります。




コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

クリスマス中毒

2011年12月27日 | 育児

ご存知のようにクリスマス大好きな私。


 引越しを機にツリーを新調し



一年の大半は日の目を見ない、コンテナ4個分のオーナメントで家中を飾り



クリスマスパーティを4回もして、ローストチキン(×2回)とブッシュドノエルも焼いて


 
   【カップケーキタワー♪】      【毎年定番 栗バターライス詰めローストチキン♪】


25日には食べすぎで、胃腸炎になり・・・


それでも何だか盛り上がりに欠けると感じる私は、完全にクリスマス中毒。


1年でも特にアメリカが恋しくなるのはこの時期だ。



ちゃっぷが書いたサンタへの手紙。
引っ越したのでサンタが家を間違えないか心配している。


我が家では、おじいちゃんおばあちゃんや、皆からのプレゼントを開けずにツリーの下に飾り
イブの日の夜に順番に開封することにしている。(お父さん⇔お母さんのも含む)
こどもにとっては、目の前にエサがあるのに食べられないという
ある意味拷問のような日々が半月ほど続くわけだが
それ故にプレゼントを開けるときの、ワクワク感は最高潮に。
その上25日の朝にはサンタクロースからのプレゼントも届くんだから
もう夢心地なのだ。

クリスチャンの家庭で育った私も、これほどではないけどクリスマスは断然お正月よりも
スペシャルデーだった。
サンタからの手紙の筆跡で、「もしかしてこれ書いたのお母さん?」と夢を打ち砕かれたのは4年生の時。
同じ過ちは犯すまいと、サンタからの手紙は英語で送ることにしている。

以下今年の手紙。
サンタからの手紙のテンプレートのサイトを見つけてアイデアを拝借したので、
今年はなかなか臨場感が出て、「何で知ってるん?!」とちゃっぷの反応も良好。


============================================================== 



Merry Christmas Chappu & Chippi,


If my memory is right, Chappu you are six years old and Chippi you are two years old now.
Chappu, are you still keeping busy with your piano lessons?
I hear that you have a recital on April 15th. Good luck!



My list shows that you both have been good girls this year.
I am sure that your mom and dad are very proud of you. Keep up the great work!

I know that you're wishing for scooter this year, Chappu.
Chippi, your mom requested me a good toy for you.
The elves have been working hard making toys and I think there might just be enough room in the sleigh
to include one for each of you. 
It takes a lot of planning to fit presents for all of the good boys and girls into the sleigh
--I'm glad I have a magic sack to help with the job!



All the reindeer, Mrs. Claus and my whole team of elves wish you
a Merry Christmas and a Happy New Year!

Ho! Ho! Ho!

P.S. Thanks for the great cookies and milk you left me.

 The reindeer and I sure do get hungry by the time we reach China.


==============================================================  



 
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

Happy Halloween!

2011年11月02日 | 育児


ちゃっぷはなかなかわかってもらえないけど、日本ではファミリアでおなじみのMadeline、
ちっぴーは昔ちゃっぷが着た懐かしのPumpkin.


8月末に完成した新居の玄関ポーチにて。
やっと片付いてきたので、皆様遊びに来てください~。

コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

terrible twos

2011年03月09日 | 育児


擬音語以外はまだしゃべらない1歳7ヶ月のちっぴーだが、
誰が聞いてもはっきり聞き取れる言葉がふたつ。


イヤヤ~
イタイ~


とってもネガティブ♪


そういえばイヤイヤ期真っ只中で渡米したちゃっぷが、初めて口にした英語が


NO!


だったなぁ。


ついに、暗黒時代の幕開けです・・・・

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加