涼風やさしく

伝説のみぃーちゃんシリーズとメイプルストーリー          
噂の真実やニュースも涼風が一刀両断します

ブラックバスは害魚

2017年05月19日 | 日記
どっかのお堀でアリゲーターガーが捕獲・・。
茨城県では外来の鯰。
はい、皆私達の釣り馬鹿の誰かが、小池にリリースした結果によるものです。
最初は鱒類、ブラックバス等。
そして、大きくて獰猛なやつ・・。こんな感じでガーまで放流なんでしょうか。飼えなくなった人よりも、意図的に放流した可能性が高いと思いますね。
放流当時は1.4mよりも小さかったはずですが、メーター級の熱帯魚を飼う人は水槽が大きく、メンテナンス品を小まめ、または大口で買います。何よりも金魚、コウロギ等の生きた餌を与えてますからSHOPの人は知ってる可能性が高いですね。
まぁ捕獲されてくれたら良いんですが、まだ堀以外にも沢山、目撃されているようです。
タイトルにあるように、私は害魚であるブラックバスを今は釣りません。
過去には釣ってましたが、釣り人の一人として責任を感じ、この魚類のロッドは触らないことにしてます。
釣らないから大丈夫と言うのではなく、外来種であっても1つの命です。
日本がとうに鎖国を止めたのに、人間以外は「全て禁止」ということに違和感があるからです。
都合が良いものは大丈夫で、都合が悪いのはダメ。
衣食住で在来のものが、今、どれだけ残っていますか?
正当化じゃなく、冷静に考えれば崩壊してるんです。特に戦後から。
ブラックバスを釣ったら、埼玉県では、そのまま池に戻さず、殺せとなってます。有るのか無いのか不明ですが、回収ボックス?に入れる・・。
食べもしないのを殺す教育は誰からも教わっていないので、無駄な殺生をしたくないのです。ブラックバスが人を食べる、怪我をさせるほどでしたら、無言で殺しますが・・。
釣り人は以前から、ブラックバスよりお口の小さなカラフルな別の外来種が、根こそぎ在来種の卵を食べていることをしってます。一碧湖に放流した、あの魚のことを。でも、何故にあまりさわがないんでしょうね。
何れにせよ、ガー、カミツキガメ等の人に物理的危害を加えるヤツは駄目です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« プレミアムフライデー? | トップ | メイプル五次 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。