箱根狂走記 そのに

2017-01-04 23:17:43 | 日記
さて、昨日は割と爽やかにまとめましたが、
本編以外の、「箱根まで見に行って帰って来た諸々」の方が実は濃くて、
「観戦いいな〜」
とか思ったりしてる方のために、ちょっと書いてみようとおもいます。


「駅伝出るって!?見に行くっ!」

聞いた瞬間そう決めてました。
もちろん、そう思う人はたくさんいるだろうから、そういう人達の相手やお世話で家族はきっと大変に違いない。
私は「勝手に行って見てくるからほっといて大丈夫だからね」そう言いましたが、
「それが、みんな自分たちで行ってそれぞれ見たいところで見るって言ってるから、
よかったら一緒に見よ」
と言ってくれたので、
愛知県から車で行くという友だち一家と現地で落ち合うことにしました。

箱根まで行って沿道で旗パタパタ振ってりゃいいんだろうくらいに簡単に考えていたのですが…


調べてみるとあれっ?そうでもないな。

まず友だちは元旦深夜に箱根に着いて車中泊するという。
でないと駐車場がなくなるのだそうです。
当日の、芦ノ湖ゴール付近はとても混雑するので、
少し場所はずらすということでした。
そっか…。箱根駅伝だもんね…。

結局元箱根という、ゴールの少し手前辺りで待ち合わせたのですが、
ここへどうやって行こうかと。

箱根には、御殿場の方から車で入るのと、
電車で箱根湯本から入るのとだいたい二つのルートがあります。
箱根湯本からゴールの芦ノ湖畔まで、臨時のバスが出るそうよ、
というのですが、
相当前に乗らないと規制もあるからたどり着かないようす。

箱根登山鉄道→ケーブルカー→ロープウェイ→船
というのもあるが、
観光の旅じゃあるまいしそんなに楽しい乗り物にたくさん乗れるかい!

と思ったり。

考えた結果、元箱根まで船でというのは有効だなと思い、
乗り換えとか渋滞とか、手間やリスクを減らして考えて、

東京から高速バスで御殿場経由桃源台。
桃源台から箱根遊覧船で芦ノ湖を渡り、
元箱根へ。

これは我ながら完璧な案だ!
とふむふむしながら、
朝8時20分発のバスを予約しました。

朝ごはんにはついつい「カツ」サンド。

高速は全く渋滞もなくスイスイ。
富士山見ながらウキウキで

着くはずが、
御殿場手前で渋滞が始まり、
定刻着があやしくなって来ました。

本当はバスが10:29桃源台着、
目の前の乗船場から遊覧船が出るのは
10:50。
20分あれば余裕という読みは脆くも崩れ去り、
バスは船の出る時刻、10:50に着。
ダメじゃ〜ん!!

駆け込むも船は離岸したところ。
聞けば今のは臨時の便、次は40分後の11:30ですと。
仕方がない、チケットを買って、
「10分前から乗船開始でーす」
と言われ、ハイハイとその場を離れました。


自分自身が凍結すること覚悟でカイロ10個くらい持って来たのに、あったかいなぁ。
友だちに遅れる旨連絡して、時間潰して、
10分前になったので乗り場に向かうと、
!すごい列。

ま、でも並んでいれば乗れるだろうと思ったのが、
「この船には定員があります。越えた場合は次の便のご乗船となります」
えええええ?!

で、乗れなかったんです。
しかも、あとちょっと、とかではない。
全然届かない。私の前に何十人も乗れない人がいました。

次の便は20分後。
つまり、最初に乗る予定だった便の1時間もあとになっちゃう。
2回も乗れないなんてそんなことがあるかいな!
こんなことがあるなら、さっき切符買うとき教えてくれれば、この場を離れたりしなかったのに!!!!

友達には「満員で乗れなかった」とボーゼンとしながらLINE。
すると友達もさすがに焦ったのか、
「場所を変えようか?ゴールの方に歩いて行こうか?」
と言って来ました。
船に乗ると、ゴール地点の「箱根町」によってから「元箱根」に行くので、
少しでも時間短縮になれば、と気遣ってくれたのです。
がしかし。
これから待ち合わせを変えて、なかなか会えなかったりしたら大変。
何しろ彼女のスマホはあちこちからひっきりなしにLINEが入ってきて、
予備のバッテリーを持っていたにも関わらず「電池がなくなりそう」な状態だとか。

私も道中、いい気になって散々送っていたので反省した。
「嬉しいんだけどね…」と言っていました。

時間には余裕をみて予定を組んでいたので、
選手の通過には間に合うから、間に合わなくても絶対そこに行くから、
ともかく最初の場所から動かないでとだけ伝え、
私もそれからは連絡するのを控えました。

かなり殺伐とした気持ちで待つこと20分、
やっと自分が船の改札を通れた時の嬉しさったら!
だってまた「乗れないかもよ」アナウンスがあったり、
「特別船室のチケットと、往復チケットをお持ちの方を優先的に改札します」
なんて案内まで。どんだけなんだ!

ああ。
こんなにこの海賊船に乗れるのがウレシイ日がやって来るとは思わなかった…。


船内は中国からのお客さんと、駅伝観戦ぽい人で満員。
ほとんどゴールそばの「箱根町」で降りてしまいました。
空いたので、
せっかくだから船内をうろうろ(かなりやけくそ)。






12:30。
当初より1時間遅れで元箱根着。
友達の待つ沿道へ急ぎ、
やっと会えました!!!!

そこから選手の通過まではだいたい1時間くらいだったでしょうか、
風は少しあるものの、とにかく日差しが暖かいので、
寒さに震えることもなく、あれやこれや話しながら待ち、

すごい高所からの中継にビビり、
バイクのサイドカー?に命綱つけて乗りだしてるカメラマンにおののき、

創史くんが走り去ってしまってからは
「あっという間だね…」
といいながら最後の1人まで見届け、
そばの駐車場に停めた車まで歩きました。

旦那(これも友達なんだが)ともう1人の息子は離れた場所で見ていて、
走って帰って来るということだったので、
車の中でこれまた色々話ながらのんびり待っていると、
いきなり
「がりごり」
という音と軽い衝撃が。

左隣の車が出ようとしたときに私たちの乗った車の前をこすってしまったのです。
ぎゃー。

旦那に電話すると「自分が戻って、警察に来てもらうまで相手に待っててもらえ」とのことで、
ともかくも彼の到着を待っていると、
しばらくのちにおまわりさん二人連れて登場。なんかちょっとウケた。
一応記録撮ってもらい、
相手とも連絡先の交換などして、
やっと出発、、
かと思いきや、
これまでにたまったLINEの返信にひとしきり。

この日は東京に泊まるから、送って行ってあげるという言葉に甘え、
同乗させてもらい、
さあ、ってんで駐車場を離れましたが、
少し走ったらあっという間に渋滞。
そりゃそうだよねええええ。
時刻は4~5時くらいでしたか、お昼食べていないからみんなお腹ペコペコ。
ともかく店を見つけたら入ろうと、
お蕎麦屋さんに入りました。
見晴らしのいい、なかなかいいお蕎麦屋さんでした!
どこだか場所はわかりません!店の名前も覚えてません。

それから湯本に下り、(そこまでにどんだけ時間かかったか)
やっと車が走り始めました。
海老名で休憩しようとしたけれど、SAに入る車列が尋常じゃない長さなんでやめ、
港北でトイレだけ寄り、
用賀で下りたのち、目黒かな?でファミレスに入り、
夕飯。

私を家に送ってくれたあと、
宿泊予定のホテルまで、
一行はさらに車を走らせたのでした。
本当に本当にお疲れさまでした。
ホテル着いたの12時くらいになっていたんじゃないでしょうか。

と、いうわけでね、

教訓その1

むやみに正月の箱根に行ってはいけない。
車で行くのは自らアリ地獄に入ってゆくようなものである。

教訓その2

公共交通機関も侮れない。
御殿場まわりは湯本経由よりは空いてるけれど、
アウトレットのお客さんで混むからやっぱり油断できない。
あと、
海賊船すら乗れないことがある。

教訓その3

「ノーベル賞をとった」
「紅白に出た」
「甲子園に出た」などの騒ぎの渦中にある人および家族に、
やたらLINEをしてはいけない。
無駄なスタンプの連打もあきまへん。
LINEは返さないと、って感じになるし、
会話になって長くなりがちだから余計に。
特に移動中と思われるときは電池が無くなるので控えるが吉と思われます。
あとで読めるPCにメールとか手紙の方がいいのかな。
お返事は要りませんみたいなね。


本当に観戦したいならようく下調べして行き方を考えた方がいいと思います。
「船は渋滞知らず」っていうんで今回使いましたが、
そういう意味では良かったと思います。
まさか乗れないとは思わなかったけど。
東京‐箱根桃源台間の高速バスは前日でも取れたし、空席ありました。
ほとんど御殿場で下りてしまうので、
駅伝で使う人は少なかったみたいです。
一本ごとの間があくのがネックですが、
バスも船も、選択肢として悪くはなかったと思う…。
時間的にも余裕を持てたし。最終的には間に合ったし。
船は駅伝の時には増便するそうです。

ゴールそばはめちゃくちゃ混むので前日??から場所取りするとかしないとか。
他はそんなことない場所が多いような気がします。

以上、私が箱根で感じたことでした!
ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 箱根狂走記 そのいち | トップ | ぞんびアルバムでた! »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
観戦スポット いくつか (4429P~~~)
2017-01-05 00:31:50
往路・復路とも。
 ①京急線戸部駅ホーム
  往路は高島町から平沼方面まで一望で   き、選手は足元を走り抜けるおすすめポ  イント。
 ②選手の走行レーンと反対の車線。
  川崎から戸塚までは、中央分離帯も低  く、リアルに順位や表情がわかる。

往路は戸部駅。復路はバイクに女房を乗せて逆走応援をしています。数年前には鶴見中継所で6.7秒間全国放送デビューしましたよ。(背中だけ)
私も・・・ (ちぇるる)
2017-01-05 12:57:40
無鉄砲ツアーを敢行しますが、遥か奏多(彼方)

上を行きますね!

しかも、なんとかなっちゃってるし・・・良かった良

かった。

私は近くにコースがあるのですが、一回も行っ

た事ないんですよね~

行ったら行ったで楽しそうではありますが、混ん

でるのでなんとなくパスしてます。

ちなみに、平塚中継所にローソンがあったので

すがバイトしてました!(今はない)

あっ、でもお正月は手当出さなきゃならないので

家族総出でバイトはお休みだったので駅伝の時

は居ませんでしたけどね。
さすが (mero)
2017-01-05 22:48:52
4429P~~~さん

戸部駅よさそうですね。
いやも―ね、いい経験できましたけど、
これからは声援おくるのは
(実際見に行くのなら)
徒歩で行ける大森海岸辺りで…。
無鉄砲ツアーねぇ… (mero)
2017-01-05 22:58:23
ちぇるるさん

私としては相当調べて練った計画だったんですけど~~~。

近くにコースあっても、案外行かないもんですよね!
来年は是非、
今年の私のバタバタを思い出しながら、
沿道に行ってみてください。
身長があれば (4429P~~~)
2017-01-05 23:33:01
大森海岸もいいかもしれないが、あの壁が高すぎるし、前後が見渡せないのがたまに瑕です。

徒歩圏内ですからね (mero)
2017-01-06 21:21:44
4429P~~~さん

少々のことはもう、目をつぶります…。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。