銀の人魚の海

日々の思いを好きに書いています。映画、DVD、音楽、本。
スヌーピー、NICI、雑貨グッズ画像も。


ブライアン・デパルマ

2014-07-31 | 映画、DVD、TV、芸能人など
ブライアンデパルマ。

「キャリー」のリメイクを今年春に見て、

「殺しのドレス」、「愛のメモリー」を録画再見した。

言われているように、カメラに特徴があり、

独特なゆったりしたパン、長回し、スローモーション、

なめるような移動がある。

いらいらしてしまうほどのカメラワークもあえてしているのか。

そして冒頭から、現実なの?と思わせるような映像、

ソフトフォーカスというのか、夢空間が混在している感じをうける。

これも言われているように、

ヒッチコックの影響を受けている事が、よくわかる。

「殺しの~」

Mケインはヒッチコック「サイコ」の彼と同様。

シャワーシーンからのAディッキンソンは、

不自然で妙ななまめかしさ、ちょっと下品な妻、母でもある役、

この役、普通では、あまり考えられないと思う。

全く知らない男性と話もしないで、すぐって。

殺されるかもしれない思いは持っていない主婦。

リアリティはない。

高校生の息子がいるのに、売春婦のような振る舞い。

相手の男の顔は出ない。

一応主婦だが特殊な役ではある。

「愛のメモリー」は、76年でヒットしデパルマが名を挙げた作品、

「キャリー」と同年作品。

Cロバートソン、ジュヌビエーヴビジョルド~カナダ人。

59年代から始まるミステリー、

ヒッチコックの「ジェーンエア」っぽいシーンがある。

肖像画、鍵のかかった部屋。

これも夢か~という映像もある。

彼が彼女を夜、尾行するシーンで人がひとりもいないって、

嘘でしょ、夜の夢のような空間だ。

ミステリーで、多分、あの彼が悪人とわかるのだが、

ミステリーは脇におき、

人は容姿がそっくりだと、

一瞬で好きになれるのかというテーマがある映画。(^_-)-☆

どうだろう?

同じ容姿なら、性格など関係なく結婚となるのは~

危うく近親相姦への物語でもある。

教会の絵画修復シーン、絵の話もある。

「殺しの」でも美術館がなが回しで撮られていたので、

経歴に美術系と思い監督を調べた。

73歳、イタリア系、医師の息子、

幼児期にフィラデルフィアに移住、

クエーカー教系の学校で学び大学理系へ。

美術系は全くなかった。

理系の頭脳だが、宗教性はどこか感じられる。

デパルマ作は、半分くらいは見ている。

「ミッドナイトクロス」も面白かった。

これに出演のナンシーアレンは監督の最初の妻だった。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

マルエツ、オープン

2014-07-31 | 日々の雑感
けさ、八時半オープンした。

朝の散歩で八時に前を通ると、マルエツ社員らしき人が、多数いて、

開店前挨拶、確認などをするのか、中へ入っていった。

うちから徒歩1分なので、9時に行くと

まあ!これほどの人がどこから~(^_^)

ご近所勢ぞろい。!(^^)!

大混雑だった。

ここは元スーパーパルケで、2年以上前に閉店、古かったので

解体し新しいビルとなりマルエツに。

前は1Fのみで面積も広くはなかったが

マルエツは、2Fまで店舗、

3Fにおそうざい製造、事務所。

面積は3倍にはなった。

ますます便利。

意外と古くから住んでいるお年寄りが多いので、

いい開店だと思う。

9時から23時までというのも、帰宅が遅いサラリーマンの

コンビニ変わりになる。

コンビニも三件あるが、

意識してか1Fに飲料、お菓子、パン、お惣菜を置いている。


前あったスーパー、パルケはしなが悪かったので

地下伊賀、あまり行かなかった。

マルエツは、混んだ中、見た感じ品も多く、悪くはなさそう。

うちは食品の三分のニは、週1宅配パルシステムで買うが、

なくなると買い足すので、これからはここへとなりそう。

近いスーパー、小田急OXと丸正(古い!)

この夏、どう戦うか!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

海で

2014-07-31 | 日々の雑感
黒木瞳が小さい頃、川でおぼれそうに~

を書いたら、伊豆で流され一晩過ぎ、

40キロ離れた場所で助かった29歳の男性がいた!

泳ぎが得意と思っていたら、全く違い、25メートルがやっとなど読み

二度びっくり!

黒木瞳ではないが、海、川は怖い。

自然は人より強いが、時にきせきは、起こる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夏の死者

2014-07-30 | 日々の雑感
黒木瞳のエッセイ、川でおぼれたことを書いた。

梅雨明け10日、日本で熱中症、水の事故で

20名くらいは亡くなっているのでは~

毎年そうだが。

熱中症、NHKTV、青い枠で

「高音注意報」とだし、これほど呼びかけ注意しても

農作業をしていて倒れるなどの高齢者、

意味がわかっていない?認知症の方かもしれない。

それとも、自信過剰。体力があると勝手に思っている人。

高齢なので、ぱたっとの死も運命だろう。

悲しいのは、子供の水の事故、

川、海で。

大人と一緒が多いだろうが

大人はよく見てない?

高校生でも川で溺れるというのに。

小さい子を連れてきて、遊ばせ、親は飲酒、おしゃべりしてるのか~

先日、45歳の母と38歳の父、川で6歳の娘がおぼれたので

助けようと飛び込んだが、夫婦は死に

娘一人は助かったは、悲しすぎる。

遅い時の子供なのに、見てなかったのか~

私は泳げる川で子供を遊ばせた事は1回もない。

海より怖いきがするから。

子供づれ大人は飲酒しないことが、大事だと思う。

夏休みに子供を失わないために、目をぱちっと開いて。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

バンク

2014-07-30 | 日々の雑感
バンクの今、お金のバンクではなく、精子卵子バンクのこと。

米の実態の記事があった。

大手精子バンクが十社ある。

優秀な学生から提供もあり、大学のそばに社があるって、

現実的といおうか、ドライというか。

零細も含めれば、200社だそうで、

精子は冷凍保存され国内外に出荷されるとある。

身長、学歴、髪、目の色、ショッピングのように選べ、

大手の相場は500ドル、意外と安いと思う。

ドナーには一回で100ドルの収入、

学生にしては五分でできるでしょ、(^_^)

簡単で高収入だよね。

日本にはまだ、精子提供は個人サイトしかないから、

米で買う夫婦もいるだろう。

近未来映画「ガタカ「では妊娠前かに、

検査などし、選べたような気がする。

生殖医療は勢いが止まらない。

SEXし、すぐ何事もなく、妊娠、考えることもトラブルもなく産み、

三人くらい授かったカップルに不妊の苦ろうはわからないだろう。

子供ができない苦悩を知らなければ、なかなか理解できない。

どこまでが、許容範囲なのか、

生まれてくる子供が、幸せになれればいいが、

親のエゴ、願望だけでの出産は

倫理的にどうなのと感じてしまう。

野田聖子の息子の生育記録TVドキュメントを二回みたが、

無理矢理感を感じる。

彼女は政治家一族なので、跡継ぎが欲しかったのだろうか?

日本でも養子制度がもっと進めばいいと思うが、それはそれでりろいろな問題もあり

まだまだ理解がない国では、簡単にできないことでもある。

子供は授かりもの、と言い切った昔の考え。

昔は、石女など酷い言葉も普通にあった。

今でも地域によっては、影で(影でなくてもか)言われるのだろう。

偏見がなくなれば、選択肢も増える。

夫婦に子供がいないと、できないと、

男女2人が、離婚しなければ、いい意味でも悪い意味でも

生涯ぶつかり合う生活になると思う。

それか無関心かか?

それを避けるために、神は(いないかもしれない)

性欲を作り子供を与え、人類、世界を増やした。

子供がいれば、育児、会話など生活は激変する。

逆に言えば、子供ができない、

いないカップルは2人でもやっていける人として選ばれたのか?

宗教めいているかもね(⌒▽⌒)

世界には、いろいろなカップルがいていい。

友人知人にもなぜかわからないが、産まない、うめない人がいるが、

それなりに過ごしている。

生殖医療は、極論すれば、医師の無限の欲望、野望なのかもしれない。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

激戦

2014-07-29 | 日々の雑感
31日に、うちから徒歩1分の元スーパーの跡地に

再び、スーパー、マルエツがオープンする。

チラシも入り、カード会員になると

かなりお得と出ている。

オープン記念優待などもある。

マルエツは、どんなスーパーなのか?

ウィキで調べたら、日本での店舗数は一位。

プチマルエツと高級系が六本木ヒルズにもあると。

元はダイエー、その後丸紅、今はイオン系らしい。

ふーん、合併も多いから勉強になる。

最寄駅前には、小田急OXが駅直結であり、うちと反対側には

古い丸正がある。

駅中心に、4分半径に3店。

うちからはマルエツが一番近くなる。

丸正は反対側で、お肉、野菜は地下。

建て物も古く面積もマルエツの半分くらいか~

マルエツが勝ちそうなきがする。

小田急は値段も高め、駅からすぐで、お金持ち電鉄系なので別格だ。

さっそく丸正のチラシが、いつもと違う月曜に入る。

マルエツオープンの木曜を意識し、水曜まで大特倍!

こうしないと生き残れないかな~

人口が増える地域ではないので、

少ない中での競争が始まる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

黒木瞳、川で~

2014-07-29 | 映画、DVD、TV、芸能人など
前にも書いた新聞の夕刊、黒木瞳のエッセイから。

好きな女優ではないので、

いつも読んではいないが、タイトルで読んで見た。

「知れば知るほど川は深い」とあり、

こう始まる。

「川は怖い。川で育ったからこそ川の恐怖を知っている。

~桃太郎のようだが、母が川で洗濯する脇で私は泳がされた。」

え!

「小学生になってからは、もっと広い川で毎日泳いだ。」

読みだし、空想?と思ったら、続きはこう。

「雨上がりの川で一度溺れかけたことがあった。

もうだめだと思った時、足に石が、石がなかったら今の私はなかった。」

その後、こう続く。

「中学の時、ピアノの先生が夏休みのお稽古を二回休んだ。

~それから数年後、先生の小学生の息子さんが、

川で溺れて亡くなったことを知った。」

黒木瞳は私より、かなり年下でしょ、

川で洗濯し、遊んで泳ぐ~生まれはどこだろう。

その光景のイメージがわかない。

夏になると必ず死者が出る一つは川遊び、

大人だと飲酒なら自業自得。

子供が川は怖い、とわかっていれば、

早々危ない遊びはしないと思う。

慣れていると怖さは消えてしまい、遊び心がが先になるのだろう。

このエッセイで

川で遊んで溺れかけた、習っていたピアノの先生の息子が川で

亡くなった経験がある女優だと、意外なこと知った。

溺死と言えば、私もうっすら記憶がある。

20年いじょう前、家族と読売ランドプールに行った。

波が出る大きなプールがあり、溺れた子供がいたらしく、

救急車が来て、シートでおおい、どうなったのかはわからないが、

それほどは深くなくても波があると、

プールでも子は危ないと感じた遠い夏だ。

夏の屋外プールは四年くらい行ってないが、

いろいろ感じる、夏の水の怖さの黒木瞳エッセイだった。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

動物の値段

2014-07-28 | 日々の雑感
新聞の付録から。動物園のこと。

日本、世界の動物園の詳しい事が記事になっていた。

その中から動物のお値段。

先日、青山のペットショップのことを書いたと思う。

そこは犬が主で、うちでも高校までは犬コッカスパニエルを飼っていたので、

犬は大好き。

値段を見て現代のペットブーム事情を垣間見た。

多種類保険もあるようで、人間と変わらない生活になってきているね。

動物園。

最高高値はシャチ。五億円。

わ~~。シャチがそれほどとは、意外?

次はニシローランドゴリラ、ゴリラの種類なのか、

知らない。一億!。

北極熊は六千万円、これは、何かわかるような、

そのくらい払わないと買えそうもない白熊君。

アジア象は、1500~3200万円、幅がある。

キリンは500~1800と、これも幅がある。

安い動物、マゼランペンギンは150万円、

ライオンは40万円、

ライオンは繁殖しやすい?数が多いから安いのかな?

捕獲事情、売買についても書かれていた。

値段は、入手の難度、輸送のコスト、大きさ、飼育の難度などにより決まるそう。

日本には約十の動物商がある。

イメージがわかない商売だ。

動物園の動物は、そこで生まれて育っているわけではなく、

飛行機で日本につれて来た物が多いのかな~

人気種は世界中から希望があるので、

簡単には手に入らないそう。

値段も釣り上がるので、日本の動物園では、

こうとうする相場についていけず、

簡単には買えない状況だそう。そうなんだ。

この特集に、歌手、ミーシャの事が載っていて、

NHKFMで深夜、「ミーシャアフリカの風」という番組を持っているのは

動物関連の仕事もしているからのようで~。

アフリカも好きで何回も行ってみたい。

ミーシャは名前くらいしか知らないが、それでのFM番組なのねと納得。

動物園、もう10年近く行ってないな。

のんびり動物たちを眺められる時が、また来るかな~

待っていてね。

あ、そう、

うちには、レパード、ビーグル犬何匹も、羊何匹も、

本物よりは、大人しいけど住んでるよ~

ほとんど、ドイツから来てるの・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スヌーピー・ハグ 2

2014-07-28 | 日々の雑感


前に載せたもの、次の10枚。

いろいろなハグがあるね!

新聞掲載、まだ続いてるよ。

女性誌にも、これ関係が載り、バッグがついてる。

谷川俊太郎が言葉を書いているのかな??

イラストは、とてもいい!

けさは、お相撲だったよ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夢野久作とCURE

2014-07-27 | 映画、DVD、TV、芸能人など
「CURE」

朝日新聞の付録、「映写室」に77年、黒沢清監督のこの映画が載った。

見ている。

サイコホラー、映画史に残る傑作とある。

そうか。少し記憶にある程度。

この映画が夢野久作の「ドグラマグラ」に似ているとある。

読んでいるが、かなり昔で記憶はあまりない。

夢野久作作品には、興味を持ち何作か読んでいるが、

CUREと似ているとは読んだのが前のせいか、気がつかなかった。

映画は役所広司、中川安奈。

映画のことより、書かれていた夢野久作の経歴に興味を持った。

彼の父は、福岡の士族、明治維新後、政治、財界で活躍した杉山茂丸。

何人の妻を持ち、女性関係もわからないほど多く、

夢野久作の生母も離縁され、彼は祖母に育てられた。

夢野久作の文学テーマは狂気、愛の無常など

端的に言えば異常な世界。

そんな作風の小説を書いていたにもかかわらず、

私生活では29歳で結婚したクラと、

生涯を添い遂げている。

父の女性観とは全く違い、歴史は繰り返さなかったということだ。

彼の日記が載っているが、

穏やかで花、蝉、妻のことなどだ。

小説との大きな違いに驚く。

小説では男女に関し、父に近い物を書いたのだろうが、

実生活は生涯妻を思い平穏だった。

黒沢清は取材で

「ドグラマグラは読んでいる、潜在意識にあったのかもしれない」と言う。

夢野久作は47歳で死去するまで、ずっと福岡、博多で過ごした。

CUREのストーリー、

役所広司は刑事役、頻発する猟奇殺人に没頭している。

真犯人は?放浪者役、萩原聖人が浮かび上がるが。。

殺人を教唆したのではないか?

役所広司の妻が精神疾患ということも絡んでくる。

映画の舞台は首都圏だが特定はできない。

これを書いているとうっすら記憶がよみがえってきた映画だ。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夏の空気

2014-07-27 | 日々の雑感
毎年書いてる気がするが、

都心、ホントに暑い!

夜になってもそのままの熱気、室温3F30度くらいが普通。

一回あがると下がらない。

朝も、8時、室温29度で、すぐ30度以上になる。

これでは1日のほとんどを、エアコン中になってしまうね~

日本、都心は、3か月、自然、楽に住めない場所になってきた。

熱中症で多数はんそうされているニュースだらけ。

エアコンがない高齢の方は、昼はエアコンのある場所をうろうろ、

でも、夜はどうしたらいいのだろう~

考えれば、熱中症で死亡は普通になったが、

都心で、凍死での死はないと思う。

冬は確実に暖かい。

だんぼうは最悪なくても、ムクムク着れば大丈夫だと思う。

我が家の駅付近に、3人くらいホームレスがいるが

夏こそ危険な時期だと、改めて想う。

この暑い7月末から、6年後にオリンピックなのね~

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

温度・カタール

2014-07-26 | 日々の雑感
お昼前、家族を代々木方向へ車で送る。

原宿、この暑さで長い列のポップコーン店も人が多少少ない。

車の温度計は、34度から、帰宅すると40度に!

道で停まっているとあがる。

街を歩いている人が少ない気がした。

TVで、次の次のW杯、カタールってどんな国、放映していたので録画で見た。

40度は普通らしいが、砂漠なので湿度は20%あるのかな~

日本は湿度も60とか普通にあるから、

カタールよりイヤな暑さかもしれない。

カタールは昼間は暑いので夜に遊びにでるそう。

サッカースタジアムも、すべてドーム、エアコンかんび。

25度、快適温度だった。

日本はカタールより、夏すごしにくい(^_^)

今日は我が家、3Fの室温、午前から30度、午後は33度。

エアコンがなければ、生きられないよ~~

家電、こしょうが連発なので、こわれないでね~~

男と子供は裸になればいいけれど・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スヌーピー・ハグ 1

2014-07-26 | アプリ スヌーピーストリート スヌーピー関連


7月から、朝日に毎日のっているスヌーピーのイラスト。

会社の広告?ではないので、スヌーピーのCMなの(^_^)

「ビーグル・ハグ」

「今日は誰をはぐしよう」とある。

その日のできごとがイラストになっている。

W杯のものは、前にのせた。

良く見ると、なかなかいい!

毎日、忘れずに切り抜きをしているよ。

10日分をまずアップ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

熱中症・実験

2014-07-26 | 日々の雑感
都心のなつのニュース定番、

「熱中症、今日は~人、搬送」

毎日、どこかでいっている。

これほど注意しているのに、なぜ運動をするのかと思う。

懲りない人々。

学校の教師たち、部活命の生徒が多いのだろう。

日本都市部は、気温上昇毎年なのだから、

若い命を守ろう~

でも若い方で死亡者は、ほとんど出ていない。

高齢なら、これほど注意が出ていて、はたけ仕事をしての死なら

運命だと思わないとね~

ちじんの母80代が、数年前、室内で熱中症で急変し

病院へ運ばれてしばらくして、なくなった。

息子は、かなりくやんだ。

室内も危険、エアコンない家は、どこにいたらいいの!(^^)!

昼はデパートうろうろ、でも夜は。

都心は夜でも30度近い。

下がらない。

都市部はエアコン必須の時代になったね。

我が家は、三階まであり、1Fが29度だと2Fは30度、3Fは31度と

室温が違うのがすぐわかる。

今週、実験をしてみた。

暑さに弱い私、寝る時、エアコンをつけないとどうなるか~

してみたよ。

3日連続、夜11時、室温28度、扇風機をすぐそばでかけ、裸で寝る。

窓、二つを10センチくらい開ける。

初め2日は、できるじゃない~

私は眠剤をしっかり飲んでねるせいもあるが・・

大丈夫かも、と思ったら、三日目は、朝、頭が少しだけ痛かったので

もしかして暑いせいか~

深夜でも室温は下がらないので、扇風機があっても

ずっと28度あたりか~

朝、窓を開けているので、6時前後には音で目がさめるのも困る。

平日ならいいが~

これからは、例年とおり、エアコン連続26度設定で寝よう。

若いならできるかもしれないが、

東京、夏、エアコンは神様となる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

もう一人の息子

2014-07-25 | ま行~わ行 旧作映画観賞
全く知識なくレンタル。

仏の個性派女優、Eデュヴォスが母役。

舞台はテルアビブ、18年前に遡る、

湾岸戦争混乱での子供の取り違い話。

18歳の息子の血液がおかしい?

疑惑から始まり、病院はあっさりミスを認め、二組の夫婦を対面させる。

育てた子は自分の本当の息子ではなかったという衝撃に

男性である父、夫は弱い。

それに比して母、妻の強いこと!

この辺り、もし自分が~なら少し理解できた。

パレスチナ、イスラエルという民族の対立、

戦闘が続く背景を超え、二組の家族は、徐々に理解しあっていく。

デュヴォス一家が、本当の息子を育てた、

アラブの家族を始めて自宅に招くシーンがいい。

家族でのおもてなしと、お互いの理解を得ようと

~父二人は、はじめなかなか近づかない。

コーヒーを二人で飲むシーンがあるが、男の会話は無い。

よく考えてみれば、

湾岸戦争当時、あの二組の夫婦が同じ病院の部屋が隣で出産には、

民族、社会的地位も違うので、無理がある、病院は違うでしょ。

ツッコミでる乳児取り違えではある。

二人の青年の肌の色にも感じた。

青年たちの兄弟も含め、九人、皆いい人たちすぎる感もあるが、

民族間争い、育て生みの親とは?を気をわず描いていた。

短い期間で大きなトラブルもなく、理解しすぎではと感じたが、

単一民族の日本人にはわからない事だろう。

戦争はこんな所にも大きな傷を残す。

二人の青年はこれからどう生きるのだろう。

内戦は続き、未来は確定してはいないというラストカットだった。

上記したが、

役者では、本当はアラブ青年役の肌が白すぎる気がした。

隔世遺伝などもありで、いいのかな~

調べたら、昨年のTIFFのグランプリ作品、

監督はロレーヌレヴィ、女性、

ほぼ女性、母視点の映画と納得。

監督賞も同時受賞。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加