銀の人魚の海

日々の思いを好きに書いています。映画、DVD、音楽、本。
スヌーピー、NICI、雑貨グッズ画像も。


ディスグラフィア 書字障害

2017-03-07 | 日々の雑感
LD、学習障害〜大人になり判明も増加〜は近年情報が増えている。
その中のディスレクシアは難読症、識字障害などと訳され、
幾つかに分類されているLDの中では割合が多いとあった。

トムクルーズが公表しているよう。だから彼はアクション映画が多いかと感じたが、
出演作を見るとアクションでない映画も何本もあるので、ひどくはなかったのだろう。
俳優という仕事なので徐々に治っていったのか?
俳優になる前に訓練、学習などで治っていたのかはわからない。
音でセリフを覚えていたのかもしれない。

ディスレクシアはまあ知られてもいる。ブッシュ元大統領もそう言われていたっけ?
程度が軽ければ、その人に沿った学習方法でもちろん直せる。

ディスグラフィアという障害を二年前に、ある理由で初めて知った。
こちらは書字障害と訳され、その程度、度合いにもよるが治すのは根気、時間がかかる障害なので、
それ以来興味を持ちネットで調べてもいる。

簡単に言えば、読めても漢字などが書けない。
漢字の形が覚えられない。マス目の中にきちんと書けないなど、
子供、人によりそれぞれ違う多くの症状がある。
字を覚えられない障害。知的レベルは普通の事がほとんどのよう。

ネットは情報が溢れているので、その中でどれが必要で自分に合った情報か、
どれを読むか、選んで何を考え、見つけられるかが大事だ。

元国立小児病院、国立生育医療センターなど専門家がいるこの障害の面接、診察は
半年先でないととれない事もあると聞いた。
予約電話が繋がらないほど、待っている人がいる。
特に日本には、まだ専門家はとても少ない事がわかった。

ネット、スマホの時代となりウィンドウズ95発売から約二十年経過、携帯も普通になった。

発達障害が増加している事とITとは関係があるのか〜
あるだろうと私は感じている。

人の脳がIT機器使用でどう変化、反応しているのか〜脳内、簡単には誰も解明できないのだろう。
可能になれば、幾つかの障害などへの未来が開けると思う。
心は脳である。
人の脳の限りない深遠さを痛感する。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 半世紀 | トップ | トムクルーズ サイエントロジー »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日々の雑感」カテゴリの最新記事