銀の人魚の海

日々の思いを好きに書いています。映画、DVD、音楽、本。
スヌーピー、NICI、雑貨グッズ画像も。


美女と野獣~獣もすてき(^_^)

2017-05-15 | 2017、2016、2015年新作映画観賞
多分一年ぶりで、新作映画館鑑賞。

GWに見ようとしたが時間がとれず、みたいのは夜しかないなどとなり、

結果、時は過ぎ、美女と野獣に。

ディズニー映画なのでエンタメとして、面白くないわけはない。

予想とは違い半分くらいは、ミュージカル風演出。

ディズニーお約束というのは、魔法で世界は氷、雪、暗闇などになる、

そして、待つ、こと。

野獣が意外と可愛かったよ。(^_^)

ちょっと毛に触れてみたいわ。角にも。

ベルと野獣、ともに赤ちゃん、幼児期に、母に先立たれ、似ている境遇だった。

読書好き少女は、村で変人扱いされるが、小説から世界へ飛べる心を持っている。

このあたりいいな~狭い村から世界を広げている。

父役の名がなかなか思い出せず、途中でやっと。(-_-;)

映画、新作から遠ざかっているのと記憶がだんだんと。

エマストーンの歌、良かったな。

ディズニー映画は音楽はいい。

初め、草原に立ち歌うシーンは「サウンドオブミュージック」を少し彷彿。

脇も個性派陣揃い。

エマトンプソンは、先日、Bクーパーの、二つ星の料理人(後日にアップ)、

に出ていて、いい感じおばさんになっていたが、またお会いした。

ティポットーおばさんよね。

ダンスシーンも楽しく素晴らしい、衣装もきらびやかで、きてみたいな。

皆が幸せになるラスト、そう、できすぎ君がディズニーの特徴の一つだと思う。

外見で人を判断するな、など考えず、男女の出会い、そして愛への中世物語。

現実を忘れさせてくれた!

1946年、詩人、コクトーが仏で映画化。ジャンマレー主演。

アニメ化は91年ディズニー。

アニメ史上初、オスカー作品賞にノミネートされ、

ディズニーアニメ三十作目の力作とあった。



このアニメは見ていないが、これも140分くらいか、飽きず見られた。

日曜日、新宿ピカデリー、大混雑、終了後、ロビーが混んでいるので、

階段で下への案内があった。

一年ぶり、次はいつになるか。

できれば年数本は見たいが~~


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 代わりに | トップ | スヌーピーのまち付き紙袋 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む