ラッパ吹きの私的つぶやき

沼津交響楽団Tpパートリーダの華麗でも素敵でも詩的でもない私的な音楽的手記。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

羽田健太郎さん

2007年06月04日 23時39分19秒 | クラシック
 羽田健太郎さんがお亡くなりになったとのニュースが昼過ぎに入ってきて、非常に驚いた。
 氏とは3年前だか、同じステージに立たせていただく機会があった。そのときの曲目は「ラプソディー・イン・ブルー」。今で言うならのだめのエンディングテーマ。リハの時だか本番だか、ピアノとトランペットが同じことをする練習番号30のあたりで、ニヤリと笑ってくださったことを今でも覚えている。あのときは嬉しかった。
 リハーサルでWhawhaミュートが手から逃げ出してファゴットのあたりまで飛んでいったこととか。買ったばかりだったのに……。などとどうでもいいことをついでに思い出してみたり。
 気さくな雰囲気で、楽しいステージだった思い出がある。

 氏のご冥福を、心よりお祈りします。
『楽器』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 縦管に違和感 | トップ | ベートホーフェンの交響曲第... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
羽田健太郎 (ななみのブログ)
羽田健太郎羽田 健太郎 (はねだ けんたろう、1949年1月12日 - ) は、日本の作曲家、編曲家、ピアニストである。通称ハネケン。プロフィール1949年東京都生まれ。桐朋学園大学音楽部ピアノ科卒業。東京音楽大学客員教授。スタジオ・ミュージシャンを経...