千葉県の戦争遺跡

千葉県内の旧陸海軍の軍事施設など戦争に関わる遺跡の紹介
(無断転載を禁じます)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

千葉市の戦争遺跡1(陸軍鉄道第一連隊)

2006-12-31 | 千葉市の戦争遺跡
1.陸軍鉄道第一連隊の材料廠

JR西千葉駅を下車し、北へ進んだ轟町の住宅地は、かつて陸軍関係の施設が建ち並んだ場所であった。その住宅地の一角に、千葉経済大学があるが、その構内に、かつての陸軍鉄道第一連隊の材料廠の赤煉瓦の建物がある。これは、1908年(明治41年)に建築されたもので、煉瓦造アーチ構造、南北に幅2.7mの下屋を付設し、煉瓦構造の主要部分は54.4m×7.3mと細長い。この材料廠の赤煉瓦の建物は、洋風煉瓦造二階建、煉瓦の積み方も、長手面の段と小口面の段が交互に並び、角に4分の3の大きさの煉瓦が入るオランダ積みという積み方で、内部には長大スパンの連続した煉瓦造の孤形アーチが10連並んだ構造をもち、建築史上でも貴重な建物ということで、千葉県の指定有形文化財になっている。

<現存する陸軍鉄道第一連隊の材料廠の建物>


<美しいオランダ積みという煉瓦積み>


では、そもそも鉄道連隊とは、何であるか。それは鉄道を利用した近代戦を行うために、工兵部隊から派生し、戦地において鉄道の建設、修理や兵員、物資の輸送にあたり、平時は演習線を利用して鉄道建設、修理、汽車の運転などを含めた各種訓練を行う、鉄道専門の部隊である。

明治政府は、近代戦における鉄道利用の重要性から、ドイツを手本として1896年(明治29年)11月に鉄道大隊を東京・牛込の陸軍士官学校内に創設、鉄道大隊は1897年(明治30年)6月東京・中野に転営後、1900年(明治33年)の義和団事件(北清事変)で活躍、1904年(明治37年)には日露戦争にも出動し、朝鮮半島で京義線、中国東北部(旧満州)で安奉線等を建設した。
1907年(明治40年)には東京・中野にあった交通兵旅団の一個大隊が発展拡充して、鉄道連隊となり、千葉町都賀村と津田沼町に移転、千葉に連隊本部、第一大隊、第ニ大隊、材料廠、津田沼に第三大隊が創設された。更に、シベリア出兵時の1918年(大正7年)鉄道連隊はニ個連隊へ増強され、千葉の第一大隊、第ニ大隊を第一連隊、津田沼の第三大隊を第二連隊とした。
1923年(大正12年)の関東大震災では、鉄道復旧作業に従事。満州事変勃発後は、第一大隊はハルビン、他は鉄嶺に駐屯し、中国東北部(旧満州)全域での鉄道建設、維持管理、輸送などに従事した。鉄道連隊は、アジア全土に鉄道網を作り、日本帝国主義のアジア侵略のための交通基盤として、軍事物資などを輸送するという軍事目的のために、細胞分裂する如く、1945年(昭和20年)に第二十連隊まで作られるに至る。

材料廠付近で、材料廠以外の遺構としては、かつては大日寺の北側、引込み線の近くに給水塔があったが、現在は失われている(戦後も1984年に廃されるまでJRのレールセンター内の施設として引込み線も給水塔もあったが、現況レールセンター自体なくなり、跡地は千葉経済大学と住宅地になっている)。それは、軍用鉄道の機関車に水を補給するためのものであった。

2.陸軍鉄道第一連隊の演習場跡

千葉公園のなかには、陸軍鉄道第一連隊の演習場(作業場)があって、演習線のトンネルや、架橋訓練用の橋脚、演習線のウインチ台がある。橋脚は、高台と低地という土地の高低差を利用して、高台の縁辺に低い橋脚を置き、台地下に高い橋脚を置いて、鉄橋を作る訓練をした名残りである。

<演習線の橋脚>


<演習線の高台側の低い橋脚>


また、かつては、公園内の高台は陸軍の喇叭手の練習にちなんで「喇叭山」と呼ばれていたが、脱線機の取付後、退避するのが遅れて殉職した荒木工兵大尉を悼む鉄道第一連隊将兵により、荒木大尉の銅像が建立されたため、「荒木山」と呼ばれるようになった。軍国宣伝が広く行われ、不慮の事故死や偶発的な事由での戦死をとげた軍人から、「軍神広瀬中佐」や「肉弾三勇士」など英雄が仕立て上げられるなかで、この荒木工兵大尉についても、英雄として祭り上げられたようである。

<千葉公園管理事務所敷地にある鉄道連隊演習線トンネル>


<鉄道連隊演習線トンネルを横から見たところ>


また、千葉公園内にウインチ台が残っている。これも、ただのコンクリートの塊と見過ごしてしまいそうだ。

<千葉公園内に残るウインチ台>


3.陸軍鉄道大隊の記念碑など

その他の遺構としては、わずかに椿森町の住宅街の中に、忽然と鉄道大隊の記念碑が建てられているが、これは北清事変で出動し、病死した吉見精工兵大佐や戦死した武田禮作工兵中尉ら、亡くなった将兵を悼むもの。石碑は高さ2mほどもある大きなものであるが、裏面に「北清事変ニ於ケル鉄道」として北清事変当時の北京郊外の鉄道路線図が描かれている。建立者は、「北清事変現存将校」となっていたが、氏名の下に「病気後送」などとリアルに書いてあるのも珍しい。

<住宅地の中にある鉄道大隊記念碑>


北京郊外の鉄道路線図は、細い字で書いてあるが、左隅の四角(城壁か)で囲まれた部分に北京とあり、それから点線で線路が描かれ、「郎坊」「楊林」「天津」などと駅名も記入されている。

<鉄道大隊記念碑の裏面にある北京郊外の鉄道路線図>


また、鉄道大隊記念碑の北側100mほどの地点にある椿森公園はかつての兵営跡であるが、公園の片隅に将校集会所の築山が、そっくり残っている。ただし、何も案内板などないため、知らない人には何の変哲もない公園に見えることであろう。

<椿森公園に残る将校集会所の築山~公園奥の木が生えた場所>

『千葉県』 ジャンルのランキング
コメント (7)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 船橋市の戦争遺跡4(東部軍教育... | トップ | 千葉市の戦争遺跡2(陸軍気球連... »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ひどい (☆コメット☆)
2007-07-28 14:40:23
私は社会科の自由研究についてこのブログのすべてを見ました戦争ってホントいやですね
コメントありがとうございます (森兵男)
2007-08-10 20:53:31
コメットさん、コメントありがとうございます。
作成者の森兵男です。

「戦争っていや」というのが、我々の少年時代にはわかりませんでした。軍人になることが世間でもすすめられていたのです。あのような時代に戻ってはなりません。
詳細なレポートありがとうございます (久住コウ)
2008-04-17 19:01:50
森兵男さんへ

初めまして。久住コウと申します。
私はサイクリングをきっかけに千葉の近代史に興味を持ち、千葉市内を散策しています。

私は小学生の頃から千葉に住んでいますが、恥ずかしながら、千葉市がこれほどの軍都であったことを知りませんでした。

というのも、学校ではこうした歴史を学ぶ機会に恵まれなかったのです。

学校では縄文時代から順番に習うわけですが、近代史のところでは駆け足になり、地域の歴史まで及ばなかったのだと思います。
誠に残念なことです。

インターネット上でも、千葉の戦争の歴史について紹介しているものは多くはなく、森さんのお作りになっている「千葉県の戦争遺跡」は非常に有益なページだと思います。まだ散策できていないところもありましたので、参考にさせていただきます。

先日、材料廠の内部を見学させていただきました。ごらんになったことはございますか?
当方のブログにて紹介しています。
http://moleskine.air-nifty.com/blog/2008/04/post_9517.html
戦争と歴史への正しい見方 (森兵男)
2008-04-26 08:56:57
久住さん、コメントありがとうございます。

歴史をきちんと教えない今の学校教育はおかしいと思いますが、小生のように学校で軍国思想を植えつけられ、その後軍隊でももっときびしく絞られたというのも問題です。

中学三年から予科練へ行き、敗戦後親の勧めで復学したものの旧制高校にも進まず、多くの人がそうしたように新制高校に編入しなかった小生は、その後大学受験資格のための試験をうけて新制大学に入りましたが、そこで読んだ『日本資本主義発達史』で今まで受けてきた教育がまやかしであったことを悟ったように思いました。

材料廠の内部の様子、貴ブログを拝見し、勉強させてください。千葉経済大学は、小生もすこし関係ありますので、一度時間をとって小生も内部を見学しようと思います。
行ってきました (バタフライ)
2010-05-24 16:34:49
モノレールに乗って千葉公園に行って来ました。トンネルは見つかりましたが、まさかあれがウインチ台とは。何かわからなく、ずいぶん昔の物だなあって言う印象はあったけど。橋脚からトンネルまでの古い写真はないのでしょうか。きっとこの間はつながっていたんだろうなと想像します。全体にきふくの差があるようですが、支障はなかったのでしょうか?どこもそうですが関心のある人は皆無です。ま、私も最近戦跡を探すようになったので、偉そうな事言えませんが。
面影 (バタフライ)
2010-05-27 15:41:04
一度行ってみようと思ってた千葉公園に行きました。松戸から出ていた鉄道聯隊。確かここが終点でしたか?戦時中ここからどのように鉄道が通っていたか、想像もつきません。このトンネルが公園の中の橋脚までつながっていたのでしょうね。高さは違いますが鎌ヶ谷の橋脚と同じ作りでした。とても頑丈です。山頂の荒木山の地図に、昔の路線図がありましたが全体の地図がほしいところ。いろいろ行っていますが、学校、公園、自衛隊、と、土地が買い取られ昔の面影は皆無です。飛行場跡地、基地と、戦時中は敵に狙われ大変な目にあってしまいましたが、その土地が今じゃ良い公園等に変化して市民の憩いの場所に変化しています。カミさんとたまに言っていますが、春日部(住んでいる所)にもなんでそんな場所を作らなかったんだろうって。海沿いじゃないから無理無理って言ってます。
千葉の鉄道連隊 (森兵男)
2010-06-04 22:16:42
バタフライさん、コメントありがとうございます。

千葉公園の古い写真、多分あると思います。材料廠附近については、旧国鉄のレールセンターになっていましたので、その頃の写真は見たことがあります。

大正時代の写真で、どこで撮ったものか汽車の前に現役満期になった兵たちが集合している写真を小生保有しています。もしかすると、千葉公園の近くかもしれません。連隊本部や兵舎などの絵ハガキもあります。

こういうものが残っている公園は、仰るように貴重かもしれません。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。