ピアノの先生の生活

ピアノ講師、ブライダル奏者としての日常と
その都度のはまりものへの情熱を綴るくだらな雑記

yearend

2017-12-31 15:00:59 | 日常
良いお年を。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

year end cleaning

2017-12-31 00:12:22 | 日常
結局昨夜も九時間熟睡。なんとか起き出す。
頭痛は治まった。熱が出たわけでもなく、何だったんだろう?
でも足首の疲労から来る痛みやふくらはぎの張りなど消えていたから、
やっぱり疲れが溜まっていたのを帳消しにするための寝込みだったのかもとも思う。
身体って凄い。

で、昨日の分を取り戻すべく働いた。
までは大仕事の換気扇の掃除。
今は便利な洗剤が開発されていて「つけ置くだけでベトベトが取れてシンクにも付かない」という
触れ込みの洗剤を使ってみた。
おお、確かによく落ちる。
しかし我が家の強力な油汚れの方が勝ったようで、シンクどころか私の腕もベトベトは付着した。
まあそれでもよくやったと称えたい。更なる開発が待たれるところだ。
台所のワックス塗りまで終え(雑過ぎると叱られたが)、買い物に行って一日終了。
夜ヨガをやったら腕や肩がつる。
長い時間寝ていたから弛んでるのか、まだ疲労が取れていないのかどっちだかわからない。
明日の大晦日は大好きな水回りの大掃除と墓参りです。

いくら探してもファンケルでもらった教室用のカレンダーが見つからない。
絶対置いたところはココってのはあるのだけど、ない。
代わりにファンケルの通販でもらった別タイプのカレンダーで凌ぐしかない。
こういうことってたまにあるよね。終わった頃に出て来るの。
何かの犠牲になってくれていると勝手に考えています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

hydrate

2017-12-30 10:35:10 | 日常
ちょっと頭が痛いなとは思いつつ、今年最後だからとついつい昼のアクアビクスに行ったら
昼から調子が悪くなって起き上がれなくなった。右頭が痛いのなんの。
いつもは具合が悪くてもその後に仕事があるから寝ていられなないと焦るけど
ここしばらくはお休みだから気を抜いたら寝たきりになってしまいそう。
頑張って夜の10時に起きました。
どうも今回も水分補給が足りなくてなったみたいです。
乾燥してます。水は飲みましょう。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

fresh

2017-12-29 00:02:24 | 日常
絶対お客さん来ないよと思っていたのだが、店を開けるというのでバイトに行った。
最初チラチラ来たけどやっぱり来ないよ、お客さん。
その中に隣の空き店舗を公示している職人のおじちゃん二人連れがいたのだが
食べている間に外に置いておいた車が駐車禁止をとられてしまっていてお気の毒だった。
罰金一万五千円だって。今日の働きがゼロだ。はー。

あまりのヒマさにマスターは夜の予約宴会の準備を始めた。
デザートのために作った白玉を私のまかないに出してくれたのだが、食べてビックリ。
出来立ての白玉の美味しいこと!
出来て時間が経ったのも美味しいけどこれは別ものの美味しさ。
ふわふわーーーっとして、むぎゅむぎゅっとして、もうほっぺが落ちるかと思ったよ。
あのヤワヤワさは赤子の肌のようだな。
美味しさに感動しているとマスターは「業務スーパーのこのパックの粉で作りました」と
ちょっと的外れなことを告げてくれた。
原料じゃなくてー、作る手間暇なのよ、大切なのは。
作っている人は案外気にしていないという盲点。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

fullest

2017-12-27 23:09:10 | 教室
毎年イギリスにいる元生徒からクリスマスカードが届く。
彼女は私がピアノを教える仕事を初めた最初の頃の生徒さん。
楽器店教室で小学校一年生から高校二年生くらいまで受け持った。
私もまだ若く経験もなく右往左往していた頃だが、彼女は全く手がかからない生徒だった。
手がかからないどころか超優秀。他にバレエを始めたくさんの習い事もやっているがすべてが優秀。
もちろん勉強も出来たから、ずっと「優等生」だった。
それもそのはず、お母さんがすごく猛烈な人だったのだ。
その期待に折れることなく応え、医大に進み大学院を経てスコットランド大学の研究員となった。
そこで知り合ったご主人と三人のお子さんに囲まれ、さらに研究に勤しんでいる。
その家族写真が添えられたクリスマスカードには、「幸せ」や「充実」が見て取れる。
忙しさや困難に耐えながらの日々であることは推察される。だが表情は輝いている。
毎年すごいなあと感動する。いいなあと羨ましがる。そして自分の怠惰に恥じ入る。
彼女が優等生として耐えた年月はこのためだったのかと思うと、
あのお母さんの猛烈ママぶりは間違いではなかったのかもとも感じる。
彼女がレッスンを辞めてから20年以上経っているのに、
きちんと私にカードを送ってくれる律義さもよく考えるとものすごいことだ。
どんなに仲良かった生徒さんでもそんなことないのに…。
人間的にも素晴らしい人に育ったのだな。

羨ましがってばかりいたらイカン。
私は私のやり方で充実と輝きを手に入れなければ。
ちょうど年の終わり。来年こそ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

hottie

2017-12-27 00:09:37 | 日常
今年は最後まで仕事があるのはバイト…。
マスターに「官庁の仕事納めの28日まで営業します!」と明るく言われてしまった。
きっとお客はそんなに来ないんだろうけど行かなくちゃなー。

そんなバイト先の辺りは地下鉄の駅や諸々周辺施設を作っている関係で工事現場だらけ。
そこで働く作業員の方もお客さんでたまにみえるのだが、
今日来た若い二人連れの片方が超絶イケメンであった。
ただでさえニッカボッカで男前度が上がっているところに、イケメン…。
見とれたかったが立て込んでいたのでそうそう見とれられなかったのが悔しい。
どんな顔って?田中聖とアレクサンダーを足して二で割ったカンジ。
ラテン顔っつーか、典型的なヒモ顔。
つまり私は貢ぎ気質か。
年の瀬に素敵な方を見られて幸せ。ささやかな幸せダ。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

cleaning

2017-12-26 00:28:15 | 日常
早朝から駅前がケンタッキーフライドチキンの香りで包まれたクリスマス。
匂いを嗅ぎつけたカラスがギャアギャア鳴いていてなんだかすごい雰囲気でしたが。
我が家はクリスマスより年末。
私の癒しの二大巨頭、風呂掃除と洗濯層掃除。両方行ってスッキリ。
三か月前にもやったのに洗濯機からはカビのピロピロが結構出てましたぞ。
ダイソーで売っている二回分の洗濯槽クリーナーはお勧めです。

そして今、母の年賀状作成をしていたんだけどプリンタの調子が悪くてまあ時間がかかった。
のんきに寝ている母が恨めしいっす。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

Happy Holidays!

2017-12-25 00:10:30 | 日常
はー、乗り切った。
クリスマスコンサートに次ぐクリスマスコンサートの日々を無事終えた。
今月は頭に旅行があり、これも自分の采配だったから終わるまでは心配だらけの毎日だった。
不安でイライラしたり動悸がしたり暗く落ち込んだりと。
しかし全部きれいに終わった今、ちょっと寂しい。
こうやって喉元過ぎるとすぐ熱さを忘れる性格なので何度でも同じことしちゃうんだなー。

皆さまは楽しいクリスマスイブをお過ごしのことと思うけれど我が家は平常。
今夜やらないと年内に出来ないので先ほど洗濯槽掃除を敢行した。
ケーキはコーヒー豆を買いに寄ったスタバで出してくれた試食のシフォンケーキで充分。
ちょびっとでも美味しくて幸せ。
何かと食べまくっているのでちょっと引き締めないと…って年末年始は難しいんだー。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

souvenir

2017-12-24 18:01:10 | 旅行
昨日のコンサートの舞台化粧に大活躍したのが、この前の旅行で買った化粧品たち。
いわゆるプチプラ。
だけどアイシャドウパレットはともかく、アイブロウペンシルとか
マスカラ下地とかリップペンシルとか地味なものばかり。
でもなかなかの高性能。直感で選んだものばかりだけれど大正解。使い勝手が良いわー。
自分の化粧品選びの腕に自信を持ったのでありました。

旅行でお菓子と化粧品とピカチュウ一匹しか買って来なかった気がするー。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Christmas

2017-12-23 19:23:13 | 日常
スタバにてのクリスマスコンサート無事終了~。
フルートのK林さん、歌のK美ちゃん、そしてプロデューサーのMリコに感謝です。
前回は「失敗してはならない」みたいな使命感で必至だったけれど、
今回は私の生徒の妹さんである赤子が正面に居たため、ずっと癒されながら楽しんで演奏出来たのです。
他にも生徒がいっぱい来てくれて本当にありがたい。
Mリコの盛り上げテクも素晴らしかったし、おかげでお客さんよりむしろこっちサイドが楽しんでしまった。
しかしこれでクリスマスは終わりじゃない。
明日も某ホテルにてクリスマスコンサート二回公演。明後日も結婚式がございます。
このクリスマスウィークエンドを無事に乗り切れるか!
気力体力との戦い。これが月初めに遊んだツケというものなのです。

来て下さった皆様、来れなくとも気にして下さった皆様、ありがとうございました。
良いクリスマスを!
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加