ピアノの先生の生活

ピアノ講師、ブライダル奏者としての日常と
その都度のはまりものへの情熱を綴るくだらな雑記

full house

2017-08-14 00:04:55 | プロレス
テレ朝チャンネルで新日本プロレスのG1クライマックス、昨夜のBブロック準決勝と今日の決勝戦を観た。
本当はその前のAブロックの準決勝も放映があったのだが、テレ朝チャンネルの設定を間違えていて見損ねたのだ。
ネットで有料コンテンツを持っているのにテレビで生中継してくれるとはなんとも豪気である。ありがとう新日。
決勝戦は15時開始で、これなら終わるのも19時頃だろうし、現地観戦の人たちもご飯を食べたり飲んだりしながら
楽しく語って帰れる時間設定だな。よく考えている。
私が最後にG1決勝戦を観に行った時は休憩なしで10試合くらいあって終わったら9時くらいで
クタクタになった覚えがある。
その辺もきちんと考慮してサービスに努めた結果が今の大観衆なのだなと思える。企業努力は大事だ。

で、試合もどれもこれも大したものだった。みんなちゃんとしている。
とにかく選手の数が多いな。悪の軍団だけでも3つくらいある。外国人だけも20人近く出てたんじゃないか?
その外国人がどれもやたらと優秀だ。
私が気に入ったのはヤングバックスという兄弟ペア。どうも兄弟ペアが気に入る性分なのか、私?
いやいや、この二人すっごく上手い。
ザックセイバージュニアも往年のUWF戦士みたくて、いっそ鈴木軍入っちゃえ。
そして「今年でG1卒業」宣言した永田さんだが、いつの間にか「引退」っぽくさせられていて哀しい。
本人はまだまだやる気なのに。
永田さんだけでなく第三世代がことごとく負けていて「お前らはもうジョバーだよ」と宣言されているようで、
まあ企業としては正しいんだけどどうにも寂しい。
こういうドライさが今まで日本のプロレス界にはなかったからいけなかった部分もあるのだけれど
やっぱり目の当たりにするとなんとも、ね。

そして毎回のことだが、危険な角度で落とすのは勘弁して~。っつーか多過ぎだよ。
エプロンに打ち付けるのが流行っているらしく、首がとにかく怖い。オカダからして首にテーピングしていたし。
「危険な技=高度」という図式をそろそろ変えて行った方が良いような気がするのだけれど…。
まあ選手たちにはハードなシリーズ、お疲れ様でした。
『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« accessories | トップ | Don't Rain on My Parade. »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

プロレス」カテゴリの最新記事