RuN RiOt -marukoのお菓子な美術室-

お菓子好き。F1好き。
美術館行くの大好き。
買い物も大好き。
休日に全力で生きるOLの日記(笑)

水の音 −広重から千住博まで−

2014-09-01 21:30:00 | 美術
見てきました

山種美術館

会期は2014年7月19日から2014年9月15日。

今回は水の音。
川、海、滝、雨、雪、霧……
明確なかたちを持たない水ですが、古くから様々な姿で表現されてきました。
この展示は画面から感じられる"水の音"に焦点をあて、近世から現代までの画家たちの作品約60点で構成されています。

《第1章 波のイメージ》
【川−流れゆく波】

山元春挙「清流」
崖の下を流れる渓流。
水底の砂が見えるほどの透明度。
筆でさっと描かれたような水の流れが勢いを感じさせます。
崖の上には赤い小さな花。
流れの上には小さな鳥が1羽飛んでいて、爽やかさを増しています。

山本岡人「流転之詩」
暗い暗い背景にまばらに生える竹。
その向こうに白く泡を立てて流れる渓流。
軽井沢の谷間の渓流だそうで、構図は能の背景からイメージしているのだそう。
竹の縦への線と流れの横への線とがはっきりしていてリズムのある構図。
不思議な静けさがあり、とても好き。

宮廻正明「水花火(漯)」
網を投げようとし、広がった瞬間を上からの視点でとらえた作品。
白群青と藍の点で表した海の水に白い網が花火のように広がりとても美しい。
その構図も、これを題材とした視点もとても素敵。

千住博「水 渓谷」
板に彩色したもの。
樹木の断面で、木目を利用し、明るい部分を水などの流れに見立て、暗いところは陸地として草が描かれています。
木目の節は中洲かな、こちらも草が描かれてます。
白い鳥が1羽、流れの中からこちらを見ています。
斬新でセンスを感じる作品。

【海−躍動する波】

奥村土牛「鳴門」
今回の展示で一番最初に展示されている作品。
土牛が鳴門の渦潮を描いたもの。
昭和34年、この渦潮を船の上からスケッチした土牛。
そのスケッチをもとに下絵をつくらず制作しました。
群青、白緑、胡粉を塗り重ねて渦の深さが表現されています。
色はさわやかですがとても迫力あります。
その音が聞こえてきそう。
壮大です。

横山大観「龍」
画面左から顔覗かせる龍。
金泥を使い、神々しい雰囲気を出しています、、と思いきや顔はユーモラス。
下には水しぶきをあげる波。
ザッパーン、と音が聞こえてきそうです。

小堀鞆音「那須宗隆射扇図」
那須与一の有名なシーン。
海上の扇の的を射るところです。
波は日本画的な様式で描かれています。
与一がのっている馬も水につかっているので、的だけではなく自分自身も不安定だったはず。
そこを射るとはさすが名手です。

川鈴彦「潮騒」
岩にあたり砕け散る波。
画面左下には魚。
これは平家納経の見返しにいる魚だそう。
平家納経の"提婆品(だいばぼん)"にある"荒海の怒れる魚(いほ)"のことかと。
なお、"荒海の怒れる魚"は源氏物語の第2帖、帚木に出てきます。
雨夜の品定め、の場面。
で、作品ですが、波はぐねぐねと、岩に打ち付けられています。
この作品、311がきっかけなんだそう。
昔は岩に打ち付ける波を見て"私の袖は涙であの岩のように乾く暇もありません"などと言ったものですが、今は波を見ると大津波を連想させます。
3月11日を忘れぬように、とのことです。
そうやって見ると、画面上部に描かれた松などは北陸の海岸を思わせます。

橋本関雪「生々流転」
6曲2双という大きなもの。
22年ぶりに全てを公開するという意味でも今回の目玉でしょう。
昭和15年に完成した建仁寺方丈の襖絵と同一主題です。
荒れ狂う海原を一羽の鳥が飛んでいきます。
壮大です。

加山又造「波濤」
波が岩に当たり砕ける瞬間を描いたもの。
少ない色彩で迫力あるものとなっています。
その音だけが聞こえてきそう。
かっこいいのです。

奥田元宋「奥入瀬(秋)」
いつ見ても壮大で美しい。
真っ赤な紅葉の中を縫うように流れる水。
その色彩は鮮やか。
こんな景色を実際に目の前で見てみたい。

川端龍子「鳴門」
6曲1双の屏風。
目の覚めるような青に白い波が出ています。
水の動きが感じられる作品。

《第2章 滝のダイナミズム》
岩橋英遠「懸泉」
描かれているのは天然記念物で静岡の名勝、白糸の滝。
実物より大きく描き、その壮大さを伝えています。
虹もかかり、美しい世界です。

奥村土牛「那智」
セザンヌ的岩肌に白い筋で描かれた滝。
真っ白で、その勢いや力強さを感じます。

横山操「滝」
滝壷へ勢いよく落ちる水。
岩肌には金箔が貼られ、陽光があたっている様子をあらわしています。
上部には少しだけ青空がのぞいています。
水の落ちる音が聞こえてきそう。

牛尾武「晨響(銀河と流星の滝)」
岩肌の合間を流れる滝。
自然の中でといったかんじですが、その色とかがとても不思議な感じ。

杉山寧「潤」
何層もの岸壁に分岐しては合わさり合う滝。
神秘的です。

千住博「フォーリングカラーズ」
黒い背景に赤、緑、オレンジ、黄色、紫の滝がそれぞれ描かれています。
光っているかのよう。
滝に赤を使ったのは親友のオランダ人画家のアドバイスとのこと。
滝とは思えない色彩とその不思議な輝きに、一瞬、ここが山種美術館ということを忘れかけました。

千住博「ウォーターフォール」
黒い背景に白い滝。
滝のようで滝じゃないようにも見えてきます。
上から降り注ぐ星、とか。
宇宙を連想しました。
すごく素敵な作品です。

千住博「松風荘襖絵習作」
こちらも黒い背景に白い滝。
下から上へ湧き上がっているようにも見えます。
松風荘は戦後、日米関係の再構築を願い日本から寄贈された日本建築。
ニューヨーク近代美術館敷地内に建設ののち、フィラデルフィアへ。
当初は東山魁夷の障壁画が内部を飾っていたそうですが、全て損傷。
平成19年に新たに襖絵20面を制作となりました。
その習作です。

《第3章 きらめく水面》
川鈴彦「蓮池波紋」
唐招提寺金堂裏手の蓮池を描いたもの。
広がる波紋に揺らぐ蓮の葉の影。
金箔が使われ陽光を感じさせます。

千住博「光」
4曲1隻の屏風。
金地に青で描かれた木々と蓮の池。
この色彩の強さが明るく強い光を感じさせます。

《第4章 雨の情景》
歌川広重「名所江戸百景 大はしあたけの夕立」
この作品について何度も書いている記憶があるけれど……
やっぱり雨を扱った浮世絵、といったらこれになるのかな。
斜めの線で表現した雨。
橋の上には身をかがめ、急ぐ人々。
ゴッホが模写したことでも有名です。

川合玉堂「水声雨声」
縦長の画面に水車小屋と2人の農婦が描かれています。
雨に濡れる木々がとても雰囲気あります。
風情のある雨の降り方。

夏らしく爽やかな展示です。
まだまだ暑い日が続くようなので涼みに行ってはいかがでしょう。



ブログランキングよかったらお願いします
コメント

オペラ

2014-08-31 21:30:00 | 食べ物
オペラといってもお菓子の話です。

先月ぐらいだったかな、、猛烈に食べたい時期があったけど。
仕事後に買いに行っても売り切れていたりで結局食べられませんでした……

それが昨日!!
偶然見つけてしまったのです。。

最後の1個。

買ったよ、買ったよ!!

見たらすごくすごく食べたくなった。
え、引き締める!? 甘いもの控える!?
何のこと!??

おいしかった。
素晴らしい時間を過ごせた。笑



ブログランキングよかったらお願いします
コメント

グレース・ケリー写真展

2014-08-29 21:30:00 | 美術
見てきました

西武渋谷

会期は2014年8月19日から2014年9月7日。

グレース・ケリー(1929-1982)
ハリウッドで活躍した女優でありながら、人気絶頂の最中にモナコ大公レーニエ3世妃と結婚し、引退。
今回は、永遠のファッションアイコンとして今なお人気のグレース・ケリーの写真展です。

1951年22歳のときにハリウッドデビュー。
ヒッチコック監督に見いだされ「裏窓」「泥棒成金」などに出演。
1954年の「喝采」で、アカデミー主演女優賞を受賞。
そしてカンヌ映画祭会場で出会ったモナコ公国のレニエ3世公に見初められ、1956年に結婚しモナコ公妃となりました。
1982年、不慮の交通事故により52歳で亡くなりました。

同時代の女優、マリリン・モンローの明るさとセクシーさを前面に出した美貌とは対照的で、気品に満ちたそたたずまいは「クール・ビューティー」と賛美されました。
そんな彼女を女優時代から撮り続けたフォトグラファーがハウエル・コナン。
仕事に対する思いで意気投合した2人。
特にグレースがハウエルの仕事でもっと惹かれたのは自分が納得写真しかメディアに出さない、嫌な写真は処分する徹底ぶりでした。
グレース・ケリーはハウエルを信頼し、仕事でもプライベートでも依頼をしました。
マンハッタンの私邸、名作の撮影風景、ウェディングの裏側など、ハウエルだけが撮影できた写真の数々が展示されています。

展示は小さいものですが、全5章で構成されています。
   
《第1章「運命の女」〜アイコニック・スタイル〜》
《第2章「素顔のグレース」〜プライベート・スタイル〜》
《第3章「恋に落ちて」〜ロマンティック・スタイル〜》
《第4章「伝説のウェディング」〜ウェディング・スタイル〜》
《第5章「世界で一番美しいママ」〜マダム・スタイル〜》

年代順の展示です。
第1章では女優時代のドレススタイルを。
そしてハウエル・コナンとの出会いの写真もありました。
2人がであったのは1955年、映画雑誌「フォトプレイ」の撮影。
このあたりの写真は息をのむほどに美しい。
とくに、ほぼメイクなしのグレース・ケリーが海から出てきてこちらを見つめる写真。
この写真は雑誌「コリアーズ」の表紙になったもの。
彼女の仕事が推して約束の雑誌撮影ができなかったため、プライベートの旅行先からここで撮影をしましょうと連絡をしたのです。
自然体で美しい。

ハウエル・コナンは、グレース・ケリーの写真を撮影したことでカメラマンとしての地位を確立したといわれています。
ハウエルの撮ったグレース・ケリーの写真を見てエリザベス・テーラーやオードリー・ヘプバーンなど当時の有名なハリウッド女優たちが、彼女のように撮って欲しいと依頼するようになった程。

第2章はリラックスした写真ばかり。
大きな口を開けて笑ったり、オレンジを食べたり。
男物のシャツをさらっと着て海辺にいたり。
あぁ、自然体できれいな人は何をしてもきれいなんだな、と実感させられます。

第3章はモナコ公と出会ってからのスタイル。
上品でとてもすてきなものばかり。
モナコ公とグレースはなかなか会うのも大変だったでしょう。
友人のハリウッド俳優の家で会うプライベート・ショットやアメリカのグレースの家でのモナコ公との2ショットなど貴重で、ハウエルだから撮影できたものばかり。
グレース・ケリーは結婚するにあたって、船でモナコへ向かいました。
その船上での写真も素敵です。
犬の散歩をしていたり、家族と楽しそうに笑っていたり。
この船旅、マスコミはグレースをどうにか撮ろうとしていたそうで、グレースはほとんど船内に引きこもっていたそうです。
一定の時間マスコミの前に出て撮影を許可しましたが、ハウエルはいかなるときも自由に撮影を許しました。

第4章はウェディング写真。
ハウエルだけが撮影をゆるされたもの。
これまたものすごく美しい。
ベールをかぶってこちらを見つめる様子などなんと形容したらいいものか。
輝くほど。

第5章ではママになったグレース。
グレースは結婚後もハウエルをモナコへ呼び、撮影をしていたのだそう。
子どもを抱いている写真など優しい表情ばかり。
年をとっても美しい。

1982年9月、ハウエルは家族の公式クリスマス肖像を撮影するため、モナコへの旅行を予定していました。
そこに入ってきたのはグレースの事故の連絡。
1982年9月13日、グレースは運転中に脳梗塞を発症。
そのまま急カーブの坂道でガードレールに激突し、道路横の崖から転落。
事故後すぐに病院へ搬送されたが意識が回復しないまま翌日に亡くなりました。

ハウエルが唯一カメラを持たずにグレースと会ったとき。
それはグレースの葬式でした。
その後、ハウエルはカメラから距離を置きます。
誰かを撮影することなく1999年に亡くなりました。

とても素敵な展示でした。
グレースとハウエルの信頼関係からなる写真は美しかった。
とてもおすすめです。



ブログランキングよかったらお願いします
コメント

あの手この手

2014-08-28 21:30:00 | 日常
先日、引き締めたいって書きました。
体重500gさえも動かないので、さらに追加で。

お菓子はこれにしてみる。
仕事中、おなかすくし、甘いものがどうしても欲しくなるので。
体によさそうってことで選んでみた。
少量で腹もちよくってちょっと甘いもの。


あと、入浴剤。
いつも入浴にはたっぷり時間とって汗かくぐらいに入っているけど、もっと、と思って。
いかにも効きそう。笑

期待したほどではなかったけど……
いつもとの違いがわからなかった。。。



ブログランキングよかったらお願いします
コメント

ミッション[宇宙×芸術] −コスモロジーを超えて

2014-08-26 21:30:00 | 美術
見てきました

東京都現代美術館

会期は2014年6月7日から2014年8月31日。

「2001年宇宙の旅」
なんて小説ありましたね。
一般人が宇宙に行くのはまだまだ難しいですが、以前よりもだいぶ身近になった宇宙。
幕張メッセでは「SPACE EXPO 宇宙博 2014 | NASA・JAXAの挑戦」が開催中ですが、東京都現代美術館でも宇宙の展示です。
それも芸術とのコラボレーションで。
……どうやって??
今回は、アートインスタレーション、人工衛星やロケットの部品(フェアリング)などの宇宙領域資料、宇宙にかかわる文学、マンガやアニメーションなどエンターテインメント領域などで、「拡張/集束する世界をとらえ、描写する」試みだそう。

参加アーティストはチームラボ、名和晃平、鈴木康広ら日本の現代アートの有名どころ。
ドイツのユリウス・フォン・ビスマルクもいるし、なんと大御所松本零士先生まで。
幅広い。。。
また、JAXA長期ビジョン/JAXA2025のためのイラストレーションやなつのロケット団といった、アート作品ではなく、ダイレクトに宇宙と関わりを持つ組織からの出展も。
なんかよく分からないけどすごい感じ!!??

とにかく行ってみなければ!!
一部撮影可能でしたので写真も一緒にご紹介します。

入って宇宙の歴史を見つつ、目を惹いたのは写真。
《NASA「宇宙への旅―25年の歴史」》です。
あの月に降り立った写真などが展示されているのです。
おぉ、、、なんか感激。
かっこいい。
そして宇宙で神秘的で美しい。

そのあとはなんだか暗い空間へ。。
天井には一面の星。
「SUPER MEGASTAR-供廚梁慮嚇玄┐任后
そう、日本が世界に誇るプラネタリウム・クリエーター大平貴之さんの「SUPER MEGASTAR-供
一度見てみたかったんだ〜!!
今回は靴を脱いで絨毯の上に上がれます。
そして置かれているのはビーズクッション。
これを枕にごろんと寝転がって鑑賞できるのです。
おぉ、いい空間や。。。
途中、流れ星が現れたり、オーロラが現れたり。
外の暑さを忘れ、違う世界へ行ったかのよう。


チームラボ「Cold Life / 冷たい生命」(書:紫舟)
"生"の文字が、だんだんと花を咲かせていきます。

氷の樹のようにも見え、涼しげ。
"世"の木は回転しながら、変化していきます。

このあとは名和晃平の作品があったり、松本零士の原画があったり。


"なつのロケット団"とはSNS株式会社で液体燃料ロケットを開発している集団の名称。
これは2013年8月10日に打ち上げられた「すずかぜ」
初めて音速を超え、テレメトリーデータの採取も成功。
機体も無事回収されたものだそう。
すごい、すごいね。
夢があってかっこいい。
HPも見てみたけれど、宇宙の写真とかすごく素敵でした。
萌えキャラみたいなのがいて、一瞬色々迷いますが(笑)内容はすごく真面目。
打ち上げたものの報告などもしっかりあります。
かっこいいぞ!!


チームラボ「憑依する滝、人工衛星の重力」
チームラボによる巨大な滝。
といっても水が人工衛星に勢いよく落ちている感じはありますが、その逆で人工衛星が進んでいくかのようにも見える。
とっても大きくて見上げんばかり。

以上になります。
個人的にすごく好きなのはフェアリング。
打上げ用ロケットの積荷(人工衛星など)を熱などから保護する役割を果たし、大気圏離脱後に分離して落下する部分です。
これの実物が展示されているのです。
落下したものが、ってことです。
ちょっとめくれていて中がどうなっているかも見えたし……
かっこいいな〜。
技術ってすごいな〜と感心するばかり。
アートの面ももちろんおもしろいのですが、こういった普段分からない部分が見れたことがとにかく面白かった。
星空も見れるし、勉強にもなるし。
楽しい展示でした。


こんな写真が撮れるところもありました。
本物みたい〜。すごく綺麗でした。

そして。

「キミも人工衛星になってみないか!!」
って。。。
JAXA……
おもしろくてこうゆうの好き。



ブログランキングよかったらお願いします
コメント