自転車にまつわる四方山話(よもやまばなし)

自転車に関する気ままなブログです。

スポークの調達

2017年07月09日 21時31分14秒 | パーツ
MAVIC PARIS-ROUBAIX S.S.C(マビック パリルーベ SSC)を32Hで組むとスポークの長さは、フロントが300mm、リアのフリー側が298mmです。
DTの15番で組むことにし、スポークを調達します。

最近は完組みホイールが主流で、スポークを揃えているショップも少なくなりました。
カンパの補修パーツでお世話になっている港区芝のSサイクルさんは、昔からDTを取り扱っています。
今回も2種類の長さのスポークを求めて伺いました。

300mmは在庫あり。
298mmは在庫無し。
1mm前後の差は許容範囲なので297mmでも構いません。

ご主人「298mmがいいでしょ。サイズカットするから待ってて」
私「えっー、これからカットしてねじ切りするの?」
「すぐできるから」

そして準備されたのが、これ↓


大きな機械です。

スポークを引っ掛けて手前のレバーを奥(右側)に押し込みカット、奥のレバーでネジを切ります。
その間、数秒。
16本のカットに掛かった時間は、ほんの数分。
これには驚きました。
スポークカットといえば、ホーザンの小さい工具しか知りませんでしたから。
さすがです。
ちなみにこの工具は、廃業してしまった旭スポーク製。
今後もお世話になります。

ジャンル:
自転車
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« MAVIC PARIS-ROUBAIX S.S.C. | トップ | DeRosa 40th のホイール »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。