自転車にまつわる四方山話(よもやまばなし)

自転車に関する気ままなブログです。

柑橘類

2016年12月10日 17時54分07秒 | ライド
気温が下がり空気が澄んでくると、ガラスのくもりを拭き取ったかのように遠くの景色もクリアに見えます。

自宅近くで出かけに見えた富士山は、雲も無く、山頂の雪も鮮やかにくっきりと見えました。
1時間ほど経った富士山には、残念ながら雲がかかっていました。





コンパクトデジカメで写真を撮っていると、立派なカメラを持った私より年上の男性が「山頂の雲がとれなくてねェ。1時間ほど前に着いてウロウロしているんだけど・・・」と。
「早い時間の方がいいんでしょうかね」と私。
「もっと早く来ないとダメかなあ。もう少し待ってみますよ。」
「寒いですからお風邪を引かぬように」私。


郊外に出ると(私の住んでいるのも郊外ですが・・・)、庭木に実のなる木を植えている家を多く見かけます。
この季節目に付くのは、柑橘類。

これは、柚子のようです。






これは、カリンかな?





みかんですね。






みかんと言えば、紀南で生活をしていた頃の想い出ばなし。
子供にみかん狩りを体験させてやりたいと、どこかにみかん狩りのできる農園はないかと果物屋さんで尋ねると「この辺でねェ。道の両側全部みかんだからわざわざみかん狩りなんか・・・。畑にいる農家さんに声でもかけてみたら」と。
確かに、手の届くところにみかんがなっています。
(もちろん勝手に採ったりはしていません)

紀南のみかんは、本当に美味しいのです。
関東には、愛媛や静岡のみかんが多く出回っているようですが和歌山紀南のみかんを是非ご賞味あれ。




「多満自慢」の石川酒造前の風景


ジャンル:
自転車
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Campagnolo 92 QR ペダル | トップ | 今年もありがとうございました。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ライド」カテゴリの最新記事