自転車にまつわる四方山話(よもやまばなし)

自転車に関する気ままなブログです。

Campagnolo ディレーラー アウター キャップ

2017年06月18日 22時00分30秒 | パーツ
DeRosa 40th のフレームは、ディレーラーのアウターケーブルをチェーンステイのダボに止めるために、アウターキャップが必要です。



それも、段付のキャップで最近ではあまり見かけなくなった形状のものです。

カンパには、同じ形状で2種類のキャップが存在し、微妙にサイズも異なります。



こちら側から撮影すると全く同サイズ。
外径のサイズは、どちらも同じだからです。




しかし、この角度では違いが分かります。

よく見るとパイプの肉厚が異なるのです。
右側は、左側と比べるとほんの少し厚め。
外径に合わせて、内径で調整しているからです。

カンパは、2009年からディレーラー アウターの外径を細くし、それまでの4.5mmを4.1mmに変更したのです。
(それを知らなかった私は、Merak を組み立てる際、かなり悩みました。この時の話は、ブログをご覧下さい)



(旧タイプ)



(現行タイプ)


もう一度、比べた写真・・・



右が、CG-CS113(4.1mm用)。左が、CG-013(4.5mm)。
品番だけ見ると互換品のように見えますが、旧タイプのアウター(4.5mm)はCG-CS113には、入りません。

現在、販売されているディレーラー アウターの外径は4.1mm
旧タイプのアウターキャップには入りますが、中で結構動いてしまいます。
ディレーラーの性能を最大限引き出すためには、こういったところにも気を遣いたいところ。
きっと性能に違いが出る、と信じています。
ジャンル:
自転車
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 目黒のビンテージ バイシクル... | トップ | Ambrossio Excellence »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ランス)
2017-06-20 01:38:32
アウター外径が変わったのは初めて知りました。そういえば自分はアウターの皮を剥いて入れてました。たぶんそのままでは嵌らなかったのでしょう(記憶が定かでない...)。
Unknown (Merak2010)
2017-06-20 22:22:06
ランスさま
やってみないと気付かないことですよね。
ほんの僅かな外径の違いです。次回、アウターを交換する際、アウターキャップのサイズを調べてみて下さい。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。