自転車にまつわる四方山話(よもやまばなし)

自転車に関する気ままなブログです。

DeRosa 40th Anniversario Diamante その9

2017年04月23日 20時47分37秒 | 完成車
フレームエンドの平行もチェックしました。



エンド幅は、フロント 99.5mm、リア 129.8mmと規定よりもわずかに狭く、ホイールの脱着に多少渋さを感じますが、エンドの平行もきっちと出ており問題ありませんでした。

フレームに小傷が多く見受けられましたが凹みや狂いはなく、全体としてかなり良い状態だったと言えます。
前所有者はあまり乗っていなかったようで、フレームエンド・メッキ面のハブシャフトが接する部分の傷が小さかったことからも感じます。
パーツもかなり良いコンディションでした。
パーツについては、今後触れる予定です。

購入しようと決断した理由の一つにフレームサイズのこともあります。
せっかく購入してもサイズが合わなければ「乗らないバイク」(乗れない?バイク)となってしまいます。
普段乗っているサイズに近かったのは、大きな判断材料です。
因みに、シートが535mm(芯~芯)
トップチューブが545mm



ステアリングコラムの内側



なかなか見る機会が少ないステアリングコラムの内側です。
スパイラル形状のリブがあります。
SLXの特徴か、SLX Newの特徴かは分かりません。

フレームの重量は、2682g
ヘッド小物の重量を差し引くと 2529gです。
ジャンル:
自転車
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 関戸橋 フリーマーケット 2... | トップ | キーホルダー »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ランス)
2017-04-26 08:10:41
コラム覗くと、うちのSLXにも螺旋が入ってます。

コメントを投稿

完成車」カテゴリの最新記事