箕面の自然と野鳥と俳句

箕面の自然を中心に、山やスキーを楽しんでおります。
俳句は一日一句目標
カメラ PENTAX K-1

アオバズクの季節。きょうの一句は「端午」

2017-05-31 10:46:56 | 野鳥
今年もアオバズクの季節になり、昨年と同じ子がやってきました。
メスは巣穴で抱卵中で、お父さんがもみじの枝に止まって見張りをしています。
時折羽繕いをしています。 
卵の孵化までお父さんが見張り役で、ほぼなじ所で止まっています。孵化するとお母さんも天敵が近づかないように見張りをします。
昨年は巣穴を見ようと、欄干を乗り越えて斜面に降りた心無い人が居ました。結果、人に対し少し警戒心が強いようで、今年は観察にも支障が来ているようです。先日は手前の枝には止まらず、奥まった見えにくいところに止まっていると、知り合いの方がおっしゃっておられました。
   5月26日撮影分
きょうの一句は「端午」 


撮影機材
カメラ  PENTAX K-1
レンズ  D FA 150-450mm F4.5-5.6ED DC AW















アオバズク(青葉木菟)フクロウ科アオバズク属 
詳しくは→ 「アオバズク」 をクリックしてください。
明日、6月1日から3日までブログは休ませていただきます。

きょうの一句「端午」  
 よちよちと歩く孫追ふ端午かな

      一波俳句研究会 会誌「碧」五月号 投句
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ホトトギスがよく囀っています。きょうの一句は「端午」

2017-05-30 09:43:16 | 野鳥
ホトトギスがよく囀っています。
今期はGW明けから囀が聞こえるようになって、先週からよく囀っています。止まる木も数か所のほぼ決まった木で囀ります。
木々の葉も繁りいつも高い所で、葉が被りばかりで納得のいく写真を撮らしてくれません。
昨日で4回目でしたが、ちょっと撮影ポイントを変えて撮ってみました。
何とか証拠写真程度ですが時期のものでもあり、とりあえず投稿いたします。

きょうの一句は「端午」 


撮影機材
カメラ  PENTAX K-1
レンズ  D FA 150-450mm F4.5-5.6ED DC AW











下の写真は2015.5.21.に同所にて撮影しましたが、目線で撮れましたがもうこのようなシーンは撮れなのかもしれない。



ホトトギス(杜鵑)カッコウ科カッコウ属 
詳しくは→ 「ホトトギス」 をクリックしてください。
きょうの一句「端午」  
  よちよちと歩く孫追う端午かな
 
      一波俳句研究会 会誌「碧」五月号 投句

                下は2016年05月29日の記事です。
エゴの花。きょうの句「梟」
エゴノキの花、すでに散ってしまいましたが、全国の山地や雑木林などで見られ、公園などにもよく植えられています。きょうの一句「梟」 エゴノキ(別名 チシャノキ、ロクロギ)......

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

オオカメノキ、ハコネウツギの花。きょうの一句「花の雲」

2017-05-29 09:34:36 | 庭の草花や木の花
オオカメノキの花が咲いていました。
山の高低差によって咲く時期がかわりますが、こちらの方の山では5月中旬に咲いています。
ハコネウツギも咲きだしました。
ウツギの花は田植えのころに咲くところから「田植え花」と呼ばれています。

きょうの一句は「花の雲」 


撮影機材
カメラ  PENTAX K-1
レンズ  D FA 150-450mm F4.5-5.6ED DC AW







オオカメノキ(大亀の木)レンプクソウ科(前はスイカズラ科)ガマズミ属の落葉低木。別名 ムシカリ 5月11日撮影分
詳しくは→ 「オオカメノキ」 をクリックしてください。


ハコネウツギ(箱根空木)スイカズラ科タニウツギ属 5月26日撮影分
詳しくは→ 「ハコネウツギ」 をクリックしてください。
きょうの一句「花の雲」  
  空狭め山を盛りあぐ花の雲
 
      一波俳句研究会 会誌「碧」四月号 競詠句

下は2016年05月28日の記事です。
キビタキ。きょうの一句「花吹雪」
今年は本当に鳥が少ない、キビタキもワンチャンスでなかなか姿を見せてくれません。例年ならホトトギス、ツツドリ、サンコウチョウなど山間部では遠くても、一日数回の出会いがあります。また......

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ラブラブメジロ。きょうの一句は「片栗」

2017-05-28 10:00:00 | 野鳥
ラブラブメジロ、久しぶりにメジロの中の良いカップルを見ました。
最近はメジロが少なく、水場にもやってくるメジロも一羽か二羽ぐらいです。
以前は水場には多いときは十数羽が一度にやってくることもよくありました、枝に次々止まり羽繕いをしたりしていました。
「目白押し」と言う言葉がありますが、メジロは押し合って、枝に並ぶ習性があります、このことから言われています。
きょうの一句は「片栗」 

撮影機材
カメラ  PENTAX K-1
レンズ  D FA 150-450mm F4.5-5.6ED DC AW















      メジロ(目白・繍眼児)メジロ科メジロ属 
詳しくは→ 「メジロ」 をクリックしてください。 

きょうの一句「片栗」  
  片栗の花敷きつめて山を抱く
 
      一波俳句研究会 会誌「碧」四月号 競詠句

下は 2016年05月27日の記事です。
きょうの一句「花の雲」
きょうの一句「花の雲」 ギンリョウソウ(銀竜草) シャクジョウソウ科の多年草。腐生植物で、葉緑素を持たない、山地のやや湿り気のあるところに生える。別名ユウレイタケ。詳しくは......
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

モチツツジの花、栃の木の花。きょうの一句「花の雨」

2017-05-27 09:43:16 | 
先週、山に行ったときにモチツツジの花が見頃でした。また栃の木の花も天を指すように、咲いていました。
きょうの一句は「花の雨」 


撮影機材
カメラ  PENTAX K-1
レンズ  D FA 150-450mm F4.5-5.6ED DC AW




       モチツツジ(黐躑躅)ツツジ科ツツジ属の半落葉低木 
詳しくは→ 「モチツツジ」 をクリックしてください。


トチノキ(栃、橡、栃の木)ムクロジ科(トチノキ科)トチノキ属
パリの街路樹のマロニエは、セイヨウトチノキといわれ実のさやに刺がある。
詳しくは→ 「栃の木」 をクリックしてください。
 
きょうの一句「花の雨」  
  酔ひざめのうつろな目にも花の雨
 
      一波俳句研究会 会誌「碧」五月号 競詠句
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

青空のチョウゲンボウ、みんなポチになって右向け右。きょうの一句は「灌仏会」

2017-05-26 09:10:33 | 時事と写真
少し距離がありましたが、天空を舞うチョウゲンボウ。
十分な議論を尽くさず、また疑惑解明についても与党は当然ながら公明党、維新、そして官僚もみんなポチになって、しっぽを振っています。
森友学園・加計学園問題もとことんしらを切り通す。
    きょうの一句は「灌仏会」 

森友学園・加計学園問題だけではありません、言葉の使い分けも上手く、昭恵夫人は私用にも公務員を秘書のように使うが、公人ではなく私人と言う、また改憲論発言は首相と総裁を使い分け、幕僚長の「自衛隊の根拠規定が憲法 に明記されればありがたい」は一個人の発言と言う。また司法までも政府与党に左右され、 三権分立もあったものではない。それに引き換えまだアメリカは腐っていない、あの独善的なトランプ大統領の圧力に屈しない司法が生きている。
日本の司法までも政府与党の顔色を見ながらの判決、国・政府と国民間の公平な裁決(最近の判例)をしなくなって民主国家の存在が危うくなってしまった。いつの間にこの国はこんな国になってしまったのでしょう。
安保法制は自衛隊を自由に動かせる都合の良い戦争法案で、共謀罪は徐々に個人の自由の首を絞めるようになり、人権にかかわる重大な懸念になっています。気が付てからでは遅い、すでにもう手遅れかもしれない。政治に無関心な国民にしてしまった。

三権分立とは・・・立法権=法律を作る権限は国会が持つ。 行政権=法律に基づいて政治を行う権限で内閣が持つ。 司法権=法律に基づいて裁判を行う権限で裁判所が持つ。



撮影機材
カメラ  PENTAX K-1
レンズ  D FA 150-450mm F4.5-5.6ED DC AW
チョウゲンボウ(長元坊)ハヤブサ科ハヤブサ属 
詳しくは→ 「チョウゲンボウ」 をクリックしてください。

きょうの一句「灌仏会」  
  釈迦の像化粧直して灌仏会
 
      一波俳句研究会 会誌「碧」四月号 競詠句

下は2016年05月25日の記事です。
さえずるミソサザイ。きょうの一句「菜花粥」
ミソサザイが元気いっぱいさえずっていました。きょうの一句「菜花粥」 ミソサザイ(鷦鷯 ) ミソサザイ科ミソサザイ属 5月20日撮影分詳しくは→ 「ミソサザイ......
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

ウグイス。 きょうの一句「春の色」

2017-05-25 09:27:37 | 野鳥
木の枝で囀るウグイス、空抜けの半逆光で色もいまいちでした。
昨日はさあ出ようとするころに雨が降り出し、その後怪しお天気で探鳥は中止しました。
きょうは久しぶりの雨、空気もカラカラでしたが、恵みの雨です。
きょうの一句は「春の色」 

撮影機材
カメラ  PENTAX K-1
レンズ  D FA 150-450mm F4.5-5.6ED DC AW







ウグイス(鶯) ウグイス科ウグイス属 
詳しくは→ 「ウグイス」 をクリックしてください。
きょうの一句「春の色」  
  あぜ道の菜草育ちて春の色
 
      一波俳句研究会 会誌「碧」四月号 競詠句

下は2016.5.24.のブログです。
桐の花とヤグルマソウ。きょうの句「菜の花」
桐の花が咲き、ヤグルマソウの葉も大きくなっています。きょうの一句「菜の花」 キリ(桐) シソ目のキリ科ヤグルマソウ(矢車草) ユキノシタ科ヤグルマソウ属の多年草詳し......
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

タニウツギの花。きょうの一句は「リラ」

2017-05-24 10:00:00 | きのこ、腐生植物
新緑の美しい季節で、若緑色に染まる中にピンク色が映えます。
田植えのころに咲くので「田植え花」とも呼ばれています。
5月15日撮影分
きょうの一句は「リラ」 

撮影機材
カメラ  PENTAX K-1
レンズ  D FA 150-450mm F4.5-5.6ED DC AW



下はレッタチで少し遊んでみました。



タニウツギ(谷空木)スイカズラ科タニウツギ属の落葉小高木 
詳しくは→ 「タニウツギ」 をクリックしてください。

きょうの一句「リラ」  
  岐れ道足向くかふにリラ香る
 
      一波俳句研究会 会誌「碧」四月号 競詠句

下は2016年05月23日の記事です。
夏のようですね、暑い毎日です。きょうの一句「山笑ふ」
暑いですね、きょうも暑そうで、一雨ほしいところです。水の涼感で、涼しさを。きょうの一句「山笑ふ」 撮影機材 カメラ  PENTAX K-1 レンズ  HD PENTAX......

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

キビタキの羽繕い。 きょうの一句「二輪草」

2017-05-23 10:08:17 | 野鳥
今年も鳥気のうすい山、オオルリやキビタキのさえずりも遠く、緑も増し葉が被り、中々撮れるようなところには来てくれません。
夏鳥たちは繁殖時期になり、虫を捕り巣に運ぶ姿が時々見られます。
渓筋を歩いていると、少し先でキビタキが水浴びをしていました、しかし葉が被り、撮影に適さないために、立ち止まり見ていると水浴びから飛び立ち、目で追っていると対岸のスギの枝に止まり羽繕いを始めました。
羽繕いの後、この付近の広葉樹で虫を捕り、咥えて木立の中に消えました。近くで繁殖しているようです。
  5月15日撮影分   きょうの一句は「二輪草」 

撮影機材
カメラ  PENTAX K-1
レンズ  D FA 150-450mm F4.5-5.6ED DC AW









キビタキ(黄鶲) ヒタキ科ヒタキ亜科  詳しくは→ 「キビタキ」 をクリックしてください。

きょうの一句「二輪草」  
  群落とあれど静かな二輪草
 
      一波俳句研究会 会誌「碧」五月号 競詠句
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

コミヤマカタバミ、タチネコノメソウ、イワボタン。きょうの一句「二輪草」

2017-05-22 09:46:16 | 山野草・高山植物
コミヤマカタバミ、タチネコノメソウ、イワボタンが咲いていました。
渓流筋のハイキング道の道端であちこちに、咲いていました。
  5月11日撮影分
きょうの一句は「二輪草」 


撮影機材
カメラ  PENTAX K-1
レンズ  smc PENTAX-D FA MACRO 50mm F2.8
D FA 150-450mm F4.5-5.6ED DC AW





コミヤマカタバミ(小深山片喰) カタバミ科 カタバミ属 
詳しくは→ 「コミヤマカタバミ」 をクリックしてください。




タチネコノメソウ(立猫の目草) ユキノシタ科 ネコノメソウ属


イワボタン(岩牡丹)  ユキノシタ科 ネコノメソウ属 別名 ミヤマネコノメソウ  
詳しくは→ 「ネコノメソウの仲間」 をクリックしてください。
きょうの一句「二輪草」  
  老夫婦仲むつまじき二輪草
 
      一波俳句研究会 会誌「碧」四月号 競詠句

下は2016年05月21日の記事
ブッポウソウ - 吉備中央町に行ってきました。きょうの一句「山笑ふ」
ブッポウソウの繁殖地、数年ぶりに岡山県・吉備中央町に行ってきまきました。観察・撮影用に立派なシェードをセットされて、椅子まで貸出をしていただけます。駐車場から1分です、観察場入り......

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加