箕面の自然と野鳥と俳句

箕面の自然を中心に、山、スキーを楽しんでいます
俳句は一日一句  FUJIFILM  X-T2 

年金カット法案。今朝の朝焼けと日の出、カワセミ。きょうの一句「冬に入る」

2016-11-26 11:45:49 | 報道関連
現実とかい離した、政治家の意識。
新聞報道にもあるように、政治に関する公金の使い方が、問題になっていますが、いっこうに改める気配もないまま、弱い者いじめは「スピード感」をもって進められています。今朝の朝刊からの抜粋です。
各党が掲げた政治理念も全くなく、自分たちの懐に関することは知らぬ存ぜぬです。
カワセミは今朝もいました。
きょうの一句「冬に入る」


公明党はどっちを向いた政治をしているのでしょうね、弱い者いじめ集団になっています。
もちろん維新は補完勢力だから仕方がありません。


サラーリンマンは早朝出勤のサービス残業を強いられ、給料は上がらず、派遣労働者は2016.3.の「改正労働者派遣法」で企業の言いなりの、首切り自由になり、生活は困窮しています。しかしこの現実、麻生大臣は会員制高級バーの飲食まで、会員制高級バーでどんな会議をしているのでしょうね?
(麻生大臣のつぶやき・・・だから辞められないのだよ、わっはっは~~~\(゜ロ\)(/ロ゜)/、 金まみれの甘利議員もおなじだね。)
詳しくは→ 「改正労働者派遣法」 をクリックしてください。


維新の会は先の分裂時に、政党助成金が余っていました。
分裂時には全額返納すると公言していましたが、その結果は今朝の新聞。
勝手な理由付けで正当化しています。(出来ないことを、ええカッコして言ううな!)
維新の国会議員、各都道府県・市会議員は出来の悪いのが大勢います、政治活動費の不正、警察沙汰になっても維新から辞職勧告もせず、離党でごまかす。維新は自浄能力のない政党です。

今朝の朝焼け


今朝の日の出

何時ものカワセミ
撮影機材
  カメラ Panasonic LUMIX DMC-FZ150

きょうの一句「冬に入る」 
  風渡り小枝をならし冬に入る

 
『政治』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 山茶花。今朝の朝焼け。きょ... | トップ | ベニマシコきょうの一句「冬... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (鮎)
2016-11-27 08:25:10
お早う御座います。
先人の政治家が焼け野原から高度成長にまで国つくりをしてきた功績は賞賛するに値する行動であったが、
世襲の政治屋が国をつぶすような政策ばかりで困ったものですね・・
年金カットも将来の破綻防止のためというが、鯨投資で
いいものを、市場の株に24%も吊り上げてバラマキ一向に
景気回復も出来ずに失敗で、その穴埋めに国民の懐を
さぐる姑息な政策ばかりで、何億という政務活動費を
無駄使いし自身の資産を増やすことに専念する暴力団より劣る資質の悪さには呆れるばかりです。
一強の強みを笠に企業に愛嬌を振りまき政治献金も
最高の金集めをし得意げになっている・・・
国民の党の謳い文句の公明党も一強にすりより、へつらいばかりの駄目党になっている。
維新も一強にすりよる大阪根性の腑抜けな党になりさがっておりますね。
民進党ももうすこしがんばって欲しいところですが、
一強政治はつぶさなければならず、国民ももう少し考えて、選択してほいですね。ムカツク事は大いにありますがこの辺で、山親父さんありがとうございました。
鮎さん (山親父)
2016-11-27 10:44:04
おはようございます。

いやいや、あきれるばかりです。
憲法は平気で踏みにじり、危険極まりない派兵をし、戦死者が出ると、どんな言い訳をするのでしょうね。
大企業から巨額の献金を受け取り、私腹を肥やすことに奔走し、また税金を使い海外にいってセールスをする。

原発事故の企業責任のしりぬぐいも国民に押し付け、電気料金に上乗せ徴収、いつも弱者にしわ寄せをする。
今朝の朝刊でも酒税率がかわるとあります、庶民の楽しみの一つに第三のビールまでも、高税率になり、ビールメーカーが知恵をしぼって、発売した商品、売れるから取りやすいところから税を徴収する、こんなことでは企業も努力をしなくなります。

公明党はもうすでに庶民の党ではありません、政策も最初は反対表明ですが、最終的には採決では議論尽くしたので賛成に回る。いつも同じパターンです。
大臣の公明党指定席(国道交通大臣)の椅子一つを守るために、国民を売る党になってしまいました。

維新はもともと自民党亜流で、むしろ強権党で、補完勢力にほかなりません。
最初は原発廃止論を打ち上げましたが、その後どんどんトーンダウンし、今はほとんど原発について一言も触れません。
身を切る改革とか言っても、あの金権政治家、渡辺喜美も地方区では落選しますので、比例区のトップに持ってくるという、汚いやり方でも、明らかです。

民進党もしっかりした軸もなく、政策もふらふら、新潟知事選でもぼろが出ました。

あげれば切りがありません。
コメント、ありがとうございました。



コメントを投稿

報道関連」カテゴリの最新記事