箕面の自然と野鳥と俳句

箕面の自然を中心に、山やスキーを楽しんでおります。
俳句は一日一句目標
カメラ PENTAX K-1

ミソサザイ。きょうの一句は「立春」

2017-05-16 09:26:10 | 野鳥
山の渓流沿いの苔むした岩場、左に行ったり、右に行ったりとにかく忙しく動き回っていました。
また時にはにぎやかに大きな口を開けて、森中に響き渡るような声で縄張りを主張しています。

きょうの一句は「立春」 


撮影機材
カメラ  PENTAX K-1
レンズ  D FA 150-450mm F4.5-5.6ED DC AW







ミソサザイ(鷦鷯)ミソサザイ科ミソサザイ属  5月11日撮影分
詳しくは→ 「ミソサザイ」 をクリックしてください。

きょうの一句は「立春」  
  立春の大地に沁みし昨夜(よべ)の雨
 
      一波俳句研究会 会誌「碧」四月号 投句
 
『写真』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« テンナンショウの仲間。きょ... | トップ | ツバメ。きょうの一句は「春... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Mopb)
2017-05-16 18:52:56
こんばんは。
この囀りはまだ生で聴いて観たことがありません。
地鳴きでうろついてる方が観聴きしています。

ヒトと比べてしまうと、ホントに口が大きいですねぇ。
みせて頂きありがとうございます。

「囀り独唱会」チケット、いつかゲットしたいです。
Mopbさん (山親父)
2017-05-16 21:39:05
こんばんは。

この時期になるとよく囀ります。
地鳴きは小さい声で、渓流の流れの音に負けてしまい、聞こえないときもありますね。

体の割には口が大きいでしょう、上手に虫も捉えます。

囀り独唱会ね、良いですね。
しかしなかなか難しいですね。

コメント、ありがとうございました。
Unknown (ポポ)
2017-05-16 22:19:48
こんばんは(^_-)-☆
大きなお口を開いてミソサザイが何かを
歌っているようですね
o(*^▽^*)oあはっ♪
スズメより小さいとか…
良く見つけられましたね
有り難うございました
ポポさん (山親父)
2017-05-17 10:05:22
おはようございます。

ミソサザイの季節です、この子の声は大きく響き渡ります。
日本の鳥では最も小さな鳥に属します。

じっと動かずにいるとなかなか見つけられません。
時々場所を変えてくれるので見つけられます。

コメント、ありがとうございました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL