福島正伸の「夢しか実現しない」

一人でも多くの方に、夢と勇気と笑顔を与えたい

感動創造企業(その後)

2005年03月27日 | Weblog
 パパは会社を起こして7年間、がむしゃらになって働いて来ました。そしてとうとう念願の一つであった車を、手に入れることができるようになったのです。

 その後、いよいよ納車の日がやって来ました。
 パパは前日から、ワクワクして夜もあまり寝れませんでした。

 その日は、少しだけお洒落をして、ディーラーに向かいました。

 ディーラーにつくと、営業マンは満面の笑みで待っていました。
 しかし、車が見当たりません。
 すぐにでも車を見たいパパは聞きました。
 「車はどこですか?」

 ところが営業マンの答えは意外なものでした。
 「その前に、特別な車ですので、お渡しする前に応接間にて、お話ししたいことがあります」
 「応接間?・・・なんで?・・・」
 「とにかく、こちらへ来てください」
 営業マンは相変わらず笑顔です。
 あまり納得がいかないまま、応接に案内されると、「少しお待ち下さい」と言ったまま営業マンはいなくなりました。

 車を早く見たくて、うずうずしているパパは、じっとしていることができません。
 我慢できずに部屋から出ようとした時、営業マンが車の説明書を持って入って来ました。
 「今からお車についてご説明いたしますので、どうぞお座り下さい」
 「・・・」
 促されて、パパは仕方なく、また椅子に座りました。

 営業マンは車についての説明をはじめましたが、パパは適当にうなずいて聞いているフリいるだけです。
 15分くらいかかって、やっと説明が終わりました。
そして、営業マンは立ち上がろと、ドアを開けながら言いました。
 「それでは、こちらへどうぞ・・・」

 ドアが開くと、そこには信じられないような光景が待っていました。
 なんとパパの会社のスタッフが一列に並んで、満面の笑みを浮かべ、拍手をしながら出迎えてくれたのです。男性は真っ黒な燕尾服に蝶ネクタイ、女性はドレスで、みんな真っ白な手袋をしています。
 応接間の前からは、まっすぐに赤いじゅうたんが敷かれ、その先には真っ白な新車が、ドアを開けてパパを待っていました。

 パパはどうしていいかわからず、ただ立ちすくんでいました。
そして、横にいた営業マンに促されるように、じゅうたんの上を歩いて、少し照れながら車に向かいました。

 スタッフからは、口々に「おめでとうございます!」と、声をかけられます。
 車のところまでわずか十数メートルでしたが、それは正に至福の瞬間でした。

 自分だけの喜びではなく、みんなもいっしょに喜んでくれる。こんなに幸せな瞬間はありません。
 車に乗り込みエンジンをかけると、スタッフからの拍手はいっそう大きくなりました。

 パパは、本当に感動しました。
 そして、決意しました。

「これからは絶対に、社員を感動させる会社をつくる!」と・・・。

====================

福島正伸です!

「感動創造企業」のパパからメールが来ました。
以下に、その内容をそのまま紹介させていただきます。


「大変図々しいお願いなのですが福島さんのブログ
に私の車の納車式の話を載せて頂けませんか?
私は息子と夢を共有した事よりも、社員と共有
出来たことや彼らが喜んでくれたことの方が嬉しく
この話は私自身本当に自慢したいことなのです。
無理は申しませんがご検討ください」

パパの会社も
社長と社員が強い信頼関係で結ばれている、
本当にすばらしい感動創造企業です。


コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ビジネスチャンス | トップ | 仕事がしたい! »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
拍手です (オリーブ)
2005-03-27 09:50:53
その後があったとは・・感動です泣いちゃいました。

 我が家に来てくれている子供たちの家庭教師に福島先生の本をよかったら読んでみてと手渡しました。ついでに、このブログまで紹介して。彼は将来小学校の先生を目指している学生です。

 夢の持てる子供たちがたくさん育つことを願って紹介させていただきました。

 感動創造型教師、子供たちと共に感動の日々がおくれたらきっと素敵なことでしょうね。
パチパチパチー♪ (hiroki-k)
2005-03-29 05:19:27
っと、読みながら思わず

拍手をしました。



続きがあったなんて・・・



ホントにステキなお話です!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
新聞や牛乳みたいに届く (カウンセラー・コーチを応援する たつやんのBlog)
たつやんです。 ようやく、ネットカウンセラーの皆さんにご利用いただける 「日本ネットカウンセリング連絡会」のサイトができました。 1月中にオープンを考えていたのですが、思っていた以上に 手間取ってしまいまして、遅くなってごめんなさい。 日本ネットカウ