麺天坊と愉快な仲間たち

日記・綺譚
主に埼玉のラーメン屋さんめぐりの愉快な仲間たちとのB級グルメ談義です。
所謂麺天坊綺譚です!!

花笑み中華そば かれん@川越市 祝!17日本オープン、店主さんの母上や鶴ヶ島の人気店の店主さんも

2017年01月24日 23時59分59秒 | 拘りの麺屋 川越市

にほんブログ村 グルメブログ 埼玉食べ歩きへ
にほんブログ村今日も応援のクリック、ぽっちっとお願いします 

麺天坊鉄骨スープ、拘りの麺屋さん巡りは、神奈川の店舗&北本の名店で修業をした店主さんのお店花笑み中華そばかれんさんです(#^.^#)

場所:〒350-1146 埼玉県川越市熊野町22‐2 電話番号:049‐265-8308 営業時間:11:30~15:00 18:00~21:00

定休日:月曜日 席数:カウンター席7席(後2,3席は拡張出来そう) アクセス:東武東上線「上福岡駅」徒歩9分 駐車場:有り(店舗前の路地右)

ベビーカーでの入店:可 開店日:2017年1月17日(火曜日) 10日程前からプレOP中でした 菅野製麺所のライ麦全粒粉入りの多加水麺使用

2017年1月17日(火曜日)19時26分訪問。先客さん3名、後客さん3名の店内麺バー構成の宵。

祝!開店と言う事で店舗入り口には多くの祝い花で一杯

目立たない並木商店街が此処だけ昔の様な姿で(笑)

3点盛以外のおつまみと、白醤油には×が点灯してます、先客さんの隙間に鎮座

すると、後客さんが直ぐに見えたので店主さんの母上のお隣に移動します

解りますかそりゃあ、解りますと筆者と店主さん(笑)

駅向こうの人気店の三種盛と粗同じ見た目のお皿(*^_^*)

叉焼の食感とたれが絶妙です、サービスで小松菜の葱和えも一緒に頂きます

ビールと烏龍杯とお隣の母上の奢りで、またビールを少々

〆の麺は塩を再食です

プレオープン中の盛り付けと変わらぬ物

当初、癖の有るライ麦の全粒粉も、三度四度食べるうちに、中々旨みも解ってきます

四種のメニューを全て戴くと、相性の良さでは味噌が断トツですが、滋味深い塩に於いても主張する表題のメニューは中々の逸品だと

所々麺に球も有りましょうが、そのうち改善はされるでしょう

どうも御馳走様でした

また来ますね(^_-)-☆

『食べ歩き』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中華そば田家本店@川越市 ... | トップ | 中華料理 丸鶴@川越市 今... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

拘りの麺屋 川越市」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL