麺天坊と愉快な仲間たち

日記・綺譚
主に埼玉のラーメン屋さんめぐりの愉快な仲間たちとのB級グルメ談義です。
所謂麺天坊綺譚です!!

麺屋つらら@川越市 平日は夜営業のみ・・と言う事で早速再訪しました、ゆずねぎかけそば550円

2016年10月15日 07時21分12秒 | 拘りの麺屋 川越市

にほんブログ村 グルメブログ 埼玉食べ歩きへ
にほんブログ村今日も応援のクリック、ぽっちっとお願いします

麺天坊鉄骨スープ、拘りの麺屋さん巡りは、川越並木にオープンした麺屋つららさんです(^。^)y-.。o○

住所:〒350-0024 埼玉県川越市並木新町2‐5桜ビル1F 電話番号:詳細不明

営業時間:11時15分~15時 17時30分~22時 席数:カウンター席10席 定休日:木曜日 喫煙:禁煙 

アクセス:JR川越線「南古谷駅」徒歩1分 駐車場:無隣にCPあり 開店日:2016年10月1日 さいたま市の鯉沼製麺所の麺を使用

主なメニュー:ラーメン 塩ラーメン 中華そば トロつけ麺の4種に特製 麺は平打ち中太麺・太麺・細麺の3種から

2016年10月14日(金曜日)18時09分訪問。先客さん1名、後客さん6名(高校生のちびっこギャング、メニュー決めるのに大騒ぎ

当分の間は平日は夜営業のみとの貼り紙、早朝に伺って確認済&ブログにもアップ済み

夜営業をしてくれてるのならば伺えますとも麺天坊、早速の再訪門、初訪で気になっていた素ラーメン的な存在のメニューを

みかみさん時代に好んで座っていた厨房でお仕事をする店主さん達に一番近い席に座る事が出来ました

願わくは食後の間隙をぬってお話し等を伺えたらと目論んでいましたが、左記のちびっこギャング達に邪魔されました($・・)/~~~

前回の丼よりも一層小さな丼での提供

丼の色は概ね同じ褐色の物、一見すると味噌のメニューにこそ相性が良さそうですが・・・。

鶏ハムの塊一個を半切にて提供

メニューに在る様に葱は白髪では無く、青葱の小口切りが沢山乗ってます、意表を突かれました

鶏のWスープの白濁した中に極細麺と、良い香りの柚子が乗ってます

丼のフチには提供時に市販のチューブから柚子胡椒(青唐辛子)が一ひねり・・小皿での提供の方が見栄えが良いのですが

その白濁からは裏切られるかとも燃えますが、あっさりしてる鶏スープなので、この細麺でも負けてません

・・・が、茹で加減も、麺の加水率も高めで何処か丹生麺の様な風情、もう少し歯応えが欲しい処ですね

素ラーメンなのでボリュームは然程ないので、ガッツリ系の御仁はご飯を頼まれるのが賢明なのかな

スープは美味しいので今宵も完食完飲

どうもご馳走様でした

また来ますね(^_-)-☆

埼玉県川越市並木新町2-5 桜ビル1F
『食べ歩き』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« なか卯上福岡店@ふじみ野市... | トップ | インド・ネパールレストラン... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL