麺天坊と愉快な仲間たち

日記・綺譚
主に埼玉のラーメン屋さんめぐりの愉快な仲間たちとのB級グルメ談義です。
所謂麺天坊綺譚です!!

中華料理 丸鶴@川越市 流石に夏バテの予感が・・(笑)今宵は冷し中華で麺活です(#^.^#)

2017年07月16日 23時59分59秒 | 拘りの麺屋 川越市

にほんブログ村 グルメブログ 埼玉食べ歩きへ
にほんブログ村今日も応援のクリック、ぽっちっとお願いします 

麺天坊・鉄骨スープ、拘りの麺屋さん巡りは本格的ラーメン200円のお店、中華料理・丸鶴さんです(^。^)y-.。o○

場所:埼玉県川越市藤間878 電話番号:049‐245-3932 営業時間:11:30~15:00 17:00~22:00 

定休日:火曜日 座席数:カウンターのみ8席 喫煙:可 最寄駅:東武東上線「上福岡駅」徒歩6分 

駐車場:有り 店の前に1台分 TV取材の模様

2017年7月12日(水曜日)19時36分訪問。先客さん無、後客さん2名の常連麺バー構成の宵

禁酒突入して二回目の訪問、すっかり麺食のみでの訪問も慣れた物・・・ですが(笑)

偶々出前帰りのおじちゃんと遭遇(笑)

此処の処スーパー帰りに良く逢いますが、久し振りの訪問で大手を振っての訪問と相成りました(^。^)y-.。o○

流石に外で逢ってから御無沙汰してると何気に敷居が高かったりして 

此の高台に鎮座して筆者の帰りを待つボトルを観るのも忍びない・・・か(笑)

さて、そんなこんなで先ずは自家特製の焼き餃子を註文

サクッと一気に平らげてメインの麺は左記の様な具合で冷し中華700円を頼みました

実は此処からが名匠麺天坊さんでも冷し中華の始まりで、既に3度ほど頂いてる始末、食欲減退は否めません

ポン酢醤油の基本中の基本の冷し中華

もっとも此のメニュー何処で頂いても外れ無・・・では有るが、そう何度も頂きたくなる代物でも無い摩訶不思議

何時もの平打ち縮れ麺は健在で、他のお店より食感が半端では無いですね

細切の具材を絡めて頂きます

700円と概ね同じ頃愛の設定金額の提供麺

此方は水母を惜しみ無く使ってる処がいいですね、食感アップの一押し冷し中華の食材

胡麻だれも侮れませんが、食欲の落ちる頃はお酢のパワーが良いですね(^。^)y-.。o○

どうも御馳走様でした

また伺いますね(^_-)-☆

埼玉県川越市藤間878
『食べ歩き』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 隠れ家麺屋 名匠 麺天坊@川... | トップ | 隠れ家麺屋 名匠 麺天坊@川... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL