麺天坊と愉快な仲間たち

日記・綺譚
主に埼玉のラーメン屋さんめぐりの愉快な仲間たちとのB級グルメ談義です。
所謂麺天坊綺譚です!!

本格中華そば店・中村屋総本山@川越市 余り間を置かずの訪問、今日も17時半から開いてます(^。^

2016年10月13日 07時52分01秒 | 拘りの麺屋 川越市

にほんブログ村 グルメブログ 埼玉食べ歩きへ
にほんブログ村応援のクリック、宜しくお願いします

麺天坊鉄骨スープ、拘りの麺屋さんは「中村屋総本山」さんです(^。^)y-.。o○

住所:埼玉県川越市伊佐沼397‐3 電話番号:不明 営業時間:11:30~15:00 18:30~20:30

定休日:月曜日 喫煙:禁煙 アクセス:JR埼京線「南古谷駅」徒歩42分 駐車場:有り(25台分)

開店日:2015年8月5日 大門製麺所を辞めて独立新規オープン 自家製麺  

2016年10月12日(水曜日)17時42分訪問。先客さん無、後客さん1名。

まだまだ17時半からの夜営業は浸透して無いと見え、18時20分過ぎくらいから車も集まり始めます、筆者も小一時間店主さん達との四方山話を

する事が出来、帰りがけに左記の後客さんの訪問と相成りました( ..)φメモメモ

夜訪問では何時も極濃厚煮干そばのセメント色した、鶏白湯と煮干しの逸品750円を食する機会が多いのですが

ライトな此方のメニュー、煮干しそば・白醤油は久し振りです、こちらは鶏清湯に煮干を併せた物

コテ煮干はどうも・・・と言う御仁に最適

中盛り・大盛りサービスでは有りますが何時もの様に並盛でお願いしました

程無くして目の前に提供された丼はライトな白醤油由来の仄かな煮干風味のスープ、セメント色の物からすると何とも飲み易そうですね

トッピングは2提供麺とも共通の厚めの豚バラの柔らかい叉焼・白髪葱と称されるちょっと太めの其れと万能葱の小口切り

磯岩海苔の塩分と玉葱の辛さと甘味が相性抜群

麺は自家製の細麺、加水率の頗る低いパッツンとしたストレート麺

挽きぐるみや全粒粉を使う処が多い中、製麦制度の高い白い小麦粉

鶏は滋養鶏をふんだんに使った甘味を十分引き出した清湯

パッツんの極細麺は極めて肩茹で加減で、大凡柳麺とは思えない様な食感・・これが嵌まります

静かな店内、色々な話も出来てお店側からすると早めの入店を期待したい処ですが

帰社途中に並びが出る事を想うと、ファンからすると面映ゆい物が有りますが(笑)

どうもご馳走様でした

また来ますね(^_-)-☆

近くに出来る新店情報も有難うございました

『食べ歩き』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中華料理・丸鶴@川越市 麺... | トップ | なか卯上福岡店@ふじみ野市... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL