<高台学会>

高台の研究と「安倍政治は許さない」学会です

事例 372

2017-05-15 10:09:26 | Weblog

「酒徒」という言葉はもうすでに死語になったのか。

古陶磁好きの左党を称すのにこんな適当な言葉はないと考えます。

 

さて、事例 372は酒徒垂涎の唐津筒盃であります。

高台が通常のものより高く毅然とした印象です。

「毅然とした気品」唐津の風情を表現するに適格な文言であります。

常のごとくひっくり返すと高台際に一回り箆が入っております。(安倍右翼政権は中々ひっくり返らない)

このような作りの高台は当学会推奨高台であります。

何かのっぴきならぬ事件があったのでしょう、高台が四割ほど欠け古い直しが施されております。

高台内の削目を見ますと土味は粗々(あらあら)としています。

 

高台事例も300番台の後半に入ってきました。

後ろを振り返ると「安倍晋三記念小学校」と「その他」の項目が着々と追いついてきている焦燥感があります。

 

#サンモニ 西崎文子氏 憲法9条3項に自衛隊を盛り込むという…そちら側から憲法を変えていくという発想は、

実は安倍首相のブレーンである伊藤哲夫さんという人が、そうすることで護憲派を切り崩してゆくと、

昨年「明日への選択」という印刷物で書いている。これをメディアの役割として伝えるべき。

 

 伊藤哲夫氏についてはこちら


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 事例 371 | トップ | 安倍晋三記念小学校 その八十四 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む