<高台学会>

高台の研究と「安倍政治は許さない」学会です

事例 371

2017-05-14 13:36:32 | Weblog

唐津糸切高台2点

胎土が赤く発色し口縁部の随所に焦げ目が出現しております。

堀の手であります。

 こちらは伝世の糸切高台の唐津盃。

轆轤上の土から本体を切り離す際に紐をクルリと掛け引き切りますが、

引く力の強弱や速さによって糸切の渦の間隔に違いがあるのがわかります。

人の行為にはこのようにすべからく痕跡が残ります。

公文書も痕跡のひとつですが不味い行為の場合は毀棄されるのでしょうか?

但しそれは犯罪であります、公文書毀棄罪に当たります。

伝世の高台はこのように磨耗します。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 安倍政権生みの親 伊藤哲夫 | トップ | 事例 372 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む