<高台学会>

高台の研究と「安倍政治は許さない」学会です

事例 362

2017-03-06 15:01:24 | Weblog

松浦系名窯藤の川内窯産の伝世の黒唐津徳利であります。

タラレバの話にはなりますが、

口縁部から肩にかけて白濁した斑釉が掛かっておりますとこれはもう大変な事になります。

藤の川内の徳利はなぜか板起こしの底部となっております。

中には首と胴体を別々に作り込み接合してあるものも見受けられます。

このような作り方は中国陶磁の作陶技術です、古唐津の諸窯の中で謎の部分であります。

残念なのはひっくり返して観察する妙味にかけます。


  高台学会は只今安倍政権打倒に燃えております。

  連日「日刊ゲンダイ」のようになっております、もう一息かと思いますのでしばしご容赦を・・・・・


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 安倍晋三記念小学校 その二十九 | トップ | 事例 363 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事