アルティマの日々あれこれ

アラフィフ中盤に突入したオヤジと家族のエピソードです。

2017年3月19日 銀河アリーナ早朝スケート教室(#19)

2017-03-20 | アイススケート
3月第3回目早朝スケートは、嫁リコと二人で出席。娘アンコは・・・。起きれませんでした。

大人上級クラスの受講者は18名で、N先生/S村先生の指導でした。

<レッスン内容>
・前進滑走
・バックスケーティング
・バックからフォアのターン
・逆T字ストップ
・フォアクロッシング
・モホークターン
・バッククロッシング

バックスケーティングで、「もっと上半身を滑走方向に捻るように」と指摘をいただきました。
毎回、色々な点を指摘をいただいているので、とても感謝しています。
基本的なことでは、同じ指摘をもらわないよう、意識して滑走しているので、今のところ2度目の指摘はいただいていません。

後半のフォアクロッシングは大分安定し、ゆっくりとクロスオーバーできるようになってきました。
ただし、今週のモホークターンは、右足でブレーキをかけてしまう。先週指摘された右足に十分重心を乗せることを意識すると、余計にブレーキをかけている。
先週よりは滑走速度が少し増していることは確かなのだが、どうも無意識的に恐怖心を覚えているようです。(自分でも判らない!)
まったく、「一歩進んで二歩下がる」状態です。

それとバッククロッシングは、相変わらず右足の「ガリガリ君」が解消できていない。
N先生には、繰り返し練習することで、そのうちに解消できるので、どんどん練習するようにとコメントをいただいた。
バッククロッシングは、行けそうな感じがするのだが、モホークターンは...。


嫁リコの大人中級クラスは、O先生の指導でレッスン実施。途中からH子先生の2名体制に。
両足ターンが一度停止してからバックスケーティングに入っている。本人も止まってしまうことを自覚している。
自分のモホークと同じように右足でブレーキをかけている。また、ターン自体がゆっくりで、上半身と一緒に下半身が動作している。
そのうち一般滑走で、集中してもう少し長い時間をかけて練習すれば、体が覚えると思うのだけど。


来週は、娘アンコは起きるのかなぁ?春は眠いから、どうでしょうね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017年3月12日 銀河アリーナ... | トップ | 2017/03/22 小学校の卒業式 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。