secret boots

ネタバレ必至で読み解く主観的映画批評の日々!

橋本治「古典を読んでみましょう」

2017-07-16 15:17:42 | 読書のススメ
本当に暑くて倒れそうですね。
息子がまた熱を発してくれて、だっこするたんびに汗だくになるという……。

★ネタバレなし★

どこからどういう経路で手に入ったのか、買ったのか思い出せないが、とにかく積ん読にあったので手に取った。
いつも(国内外を問わず)古典に挑戦しようと思って、断念する。
学生時代から古典を読むならこれでしょう、というように勧められてきたが、結局積ん読になる。
谷崎潤一郎訳の「源氏物語」がいいと聞けば購入するのだが、やはり続かない。

ということで、それならもっとライトなモノからという下心から読んでみた。
古典そのものはちょっと厳しいと思っていても、古典を紐解くと様々な角度から見えてくることがある。
というそういう話だ。

私が心惹かれたのはやはり、結局、樋口一葉の「たけくらべ」の段だ。
樋口一葉も、何が言文一致やねんとつっこみたくらい、「古典(擬古文)」だ。
その描写に触れながら、解説されて、ちょっと読んでみたくなる。

さすが橋本治というくらい、とても軽いのりなので、読んでみればいいのではないでしょうか。
ちくまプリマーなので中高生向けなのかもしれないが、おそらく中高生はこういう本の存在自体知らないだろうから、大人が読むことになるだろう。

日本の伝統芸能や技術に注目される昨今だからこそ、しっかり自国の文学にも触れておきたい、と改めて思わされるばかりである。


『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ザ・フライ(V) | トップ | 橘玲「言ってはいけない」 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL