音声・自動制御技術でストレスフリーな社会を創造する MEMOテクノス ビジネスブログ

神奈川県相模原市の音響システムメーカー。音声・自動制御技術を応用した製品開発を行い、お客様の課題や悩みを解決します。

音に関するあらゆる課題を解決するサウンドソリューション 「音で伝える」アナウンスロボット

2017-06-14 06:42:07 | 音声合成・自動制御技術
こんにちは、株式会社MEMOテクノスの清水です。

音響のプロ、MEMOテクノスが提供するサウンドソリューションは、大きく分けると3つに分類されます。



「音で伝える」「音を操る」「音で癒す」の3つです。

その中から、本日は「音で伝える」ための代表的な製品【アナウンスロボット】をご紹介します。



・エニートーク(平成25年度相模原市トライアル認定製品)
・ロボットアナウンサー
・ガイドメッセンジャー

それぞれ性能は異なりますが、音声を使って情報を伝えるというアナウンスロボットの本質的な機能は共通しています。

ロボットアナウンサーとガイドメッセンジャーは、あらかじめ録音した音声を放送する装置です。

一方、エニートークはパソコンのキーボードで入力した文字を、そのまま音声で出力することができます。

ネットワーク回線を経由しているため、離れた場所から任意の音声を相手に伝えることができます。

ぜひエニートークの製品紹介動画をご覧ください。




動画を観てお分かりのように、合成された音声は明瞭で大変聞き取りやすくなっています。

エニートークの音声合成システムは、国内でも最高レベルの品質です。

また、出力する音声は、男性の声と女性の声を切り替えることができます。

職場に男性しかいなくとも女性の声でアナウンスできますし、その逆も可能です。


これらアナウンスロボットの最大の特徴は、通常の業務放送のようにマイクの前に人が張り付く必要がないことです。

人と違って、緊張で間違えることもありませんし、24時間休まずに稼動させることもできます。

事業所の館内放送、小売店の特売放送、工事現場の注意喚起、緊急時の避難誘導放送など、さまざまな用途で使用することができます。

アナウンスロボットに関する詳しい情報は、MEMOテクノスのホームページで公開しています。

■MEMOテクノスの製品紹介



<神奈川県なでしこブランド2016認定>
【会津塗 真空管アンプ 彩-AYA-】
■『1日1組様限定』プレミアム試聴体験会




お客様のアイデアをカタチにする企業 株式会社MEMOテクノス
株式会社MEMOテクノスは神奈川県相模原市の音響システムメーカーです。鉄道をはじめとする社会インフラの業務用放送設備や自動制御装置の設計・開発、OEM生産で実績を積み重ねてきました。また、創業より培った音声合成・自動制御技術を応用して、お客様の業務効率化や生産性向上、コストダウンを実現しています。新規事業として作業支援ロボット開発やシステムインテグレーター育成を推進するとともに、高級オーディオ【会津塗 真空管アンプ 彩-AYA-】やスタンディングデスク導入に役立つ【IoTデバイス -aiko-】等の製品開発・販売を行っています。
■製品・サービスに関するお問い合わせ、お見積もり、ご試聴などの無料相談はE-mailで承ります。





人気ブログランキング 
にほんブログ村 音楽ブログ 音響へ
にほんブログ村
ジャンル:
各業界情報
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« MEMOテクノスのお悩み相... | トップ | ロボットを活用した生産性向... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む