memories on the sea 海の記録

海、船、港、魚、人々、食・・・などなんでもありを前提に、想い出すこと思いつくこと自由に載せます。

Salmarが世界初の海上養殖施設を始めた

2017-07-08 08:57:35 | 水産・海洋

· SalMarの子会社であるOcean Farming社が開発した250,000 m3容量の構造は、今年下半期に稼働する予定。 68メートルの高さ、直径110メートルで、「水産養殖の新しい時代への第一歩」と漁業生産の持続可能な成長を保証する可能性のある手段として賞賛されている(68TFSND)

青島の中国造船工業公司(CSIS)によって建設された本格的なパイロット施設は、海洋養殖の生物学的および技術的側面の両方がテストされるトロンヘイム近郊のフロハヴェに位置する予定である。このシステムは、ノルウェーの漁業・沿岸事務所から開発ライセンスを最初に受けたもので、34人のダ行インで100300mの深さの海で稼働するように設計されている。す。パイロット施設は、特に生物学的条件と魚類の福祉に重点を置いた研究開発活動のために備え付けられる。

SalMarの声明は次のように説明している。「環境フットプリントの削減、魚の福祉の改善、面積の問題への対応を目指して、プロジェクトの学習と新しいソリューションは持続可能な魚介類生産の新しい時代を迎える。 Salmarでは、作業が始まると、我々は新たな挑戦段階に入ることになる」と。

このプロジェクトには、海洋および魚取扱システムの電気設備および計装を担当するKongsberg Maritimeを含む、沖合および養殖業の数多くのパートナーが参加し、養殖業の「パラダイムシフト」として賞賛されている。

海洋農業施設では、今やサケ養殖や他の魚種のパラダイムシフトがもたらされています。生物学を重視し、より健康な魚を育てるという概念は、数十年に渡って重要な人口増加と世界の食糧供給チェーンにかかるプレッシャーの問題を解決するために、水産養殖とオフショアの専門知識を活用するノルウェーの戦略」とKongsberg MaritimeEgil Haugsdal社長は語った。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ズワイガニの漁獲枠は4,000ト... | トップ | シラスウナギの漁師たちは今... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

水産・海洋」カテゴリの最新記事