memories on the sea 海の記録

海、船、港、魚、人々、食・・・などなんでもありを前提に、想い出すこと思いつくこと自由に載せます。

シシャモへの期待と懸念   

2016-12-10 01:45:44 | 水産・海洋

研究者らはバレンツ海でわずかな量のシシャモ幼魚を確認したが、この地区の稚魚の量は3番目に大きい記録と期待している(11月21日FF)

シシャモ資源は1970年代以降大きく変動、IMR(海洋調査研究所)の研究者らは バレンツ海と同じような大規模変動を起こすシシャモ資源は世界のどこにもないという。

IMRの研究者らによればシシャモ稚魚の量が楽観主義の根拠であり、シシャモを主に食べるタラの資源量にもかかわらず、資源が早急に回復することが期待されている。彼らの報告では1985年以降4度目のシシャモ資源の破たんは3,4年魚の産卵によるものでシシャモの斃死がFinnmark沿岸で起きたことによるという。 彼らは様々な影響によるシシャモ資源の破たんが起きるという。1993-96年の2度目の破たんはタラの共食いにより、3度目は2003-05 年で生態系全体に及ぼす影響ははるかに小さいという。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 組合が合意した    アイ... | トップ | 魚市場が祝祭期間に長期休場... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

水産・海洋」カテゴリの最新記事