memories on the sea 海の記録

海、船、港、魚、人々、食・・・などなんでもありを前提に、想い出すこと思いつくこと自由に載せます。

中国は人身売買と強制労働における最悪の犯罪者だ:米国レポート

2017-07-27 09:46:57 | 海事

中国は人身売買と強制労働における最悪の犯罪者だ:米国レポート

米国国務省は、627日火曜日、Rex Tillerson国務長官が発表した2017年人身売買報告書(TIP)で中国を人身売買と強制労働の世界最悪国のに位置づけている(629SfS)

この報告書は、各国を3つのグループに分類しています。Tier 1は、最小限米国規格への準拠を意味している。Tier2は、国がコンプライアンスに重大な努力をしていることを示している。 Tier 3は、コンプライアンスに準拠しておらず、改善の努力をしていないもの。また、特別調査の対象となる国のリストであるTier 2 Watch Listも掲載されている。ロイター通信によれば、Tier 3格付けは、米国と国際援助へのアクセスを制限する制裁をもたらす可能性があるが、そのような行動はほとんど行われず、世界的に人身売買の問題に対する一般の認識を高めるためのものという。

中国は2013年にTier 3国として発表されたが、過去3年間はにTier 2ウォッチリストに移行した。新しい報告書では、中国はTier 3のリストにふたたび戻った。Rex Tillerson国務長官は、「中国は、北朝鮮の中国にある強制労働者を含む、人身売買に関与しないよう真剣に取り組んだわけではないので、今年の報告書ではTier 3の地位に格下げされた」と述べ報告書を発表した。

一方、ミャンマーとイラクは、Tier 3の国からTier 2のウォッチリストにランクされた。 ロイター通信によると、Tillersonは国務省の専門家、上級米国外交官、国務省の法律事務所の勧告を無視して、両国をTier 3のリストに残した。 彼の記者会見で、Tillersonは、リストに掲載されている国に影響を与えているという報告に直接言及しなかったが、人身売買との戦いをより良くするために、世界中の国との米国のパートナーシップを改善しようとしたと述べた。「人身売買は世界規模で行われているため、国際的なパートナーは成功に不可欠す。 「それで、国務省は政府、市民社会、法執行団体、生存者との積極的なパートナーシップを構築し、私たちの支援が必要な人々に支援を提供し続けるのである」

「タイの法的枠組みのいくつかの積極的な変化にもかかわらず、成果の進展は遅れ続けている」とジュリー・ギアハルトILRF事務局長はプレスリリースで語った。 「残念なことに2016年にタイは人身売買をタイ政府機関に報告したために労働者が起訴された国であり、人身売買業者は強制労働の解釈の欠陥があるため無料で許可された。 出稼ぎ労働者が搾取されたときに正義を確保できるようになるまで、タイはTIP報告書の最下位に属している。

ILRFは、タイの法的改革にもかかわらず、「移住労働者にとっては現実の現実はほとんど変わっていない」と述べ、移住労働者は依然として人身売買に脆弱であり、労働雇用率が高く、移動の自由が限られており、 海産物分野を含む多くの国の産業に広がっていると。

ILRFは、「タイが実施した施行の約束は実現しておらず、タイ政府は移民労働者や移民労働者を人口として強化しようとする擁護者を積極的に抑圧している」と述べた。 「米国国務省は、人身売買に対する移住労働者の脆弱性が減少するまで、タイは最下位に位置するべきであるという意味ではなく、成果に基づいてTIP報告書のランキングを作成すべきである」と。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 卒業生らは養殖に仕事を見出... | トップ | 中国はより多くのアラスカ海... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

海事」カテゴリの最新記事