memories on the sea 海の記録

海、船、港、魚、人々、食・・・などなんでもありを前提に、想い出すこと思いつくこと自由に載せます。

ロブスター漁規則を点検   スエーデン

2016-10-18 09:19:05 | 水産・海洋

海洋水資源管理局(HaV) は300年の歴史を持つロブスター漁業規則を点検することを計画している(9月23日FiskerForum)

ロブスター漁は9月26日に始まるが、これには遊漁者や職業漁師が参加。この操業開始日は18世紀に決められたもので、終了時期は1730年代に決まり、最小サイズについては1780年代に決められたもの。

いま新規則が計画されているが、これは資源が依然考えられていたことよりも減少しているため。「我々は漁業の持続と健全な生態系のために作業している」とHaVのMartin Rydgren はいい、ロブスターは主に漁業者らによってとられているが、その数は把握できていない。投入される籠の数はおよそ95,000 でその75%が漁獲していると推定。一方遊漁者は14日後までに制限され、その漁獲は販売してはならないという規則がある。およそ 250人の職業漁師がロブスターを獲っている。

「我々が得ている情報では 歴史的なものから見て減少しているとみられる」とMartin Rydgren言い,「これまでの規則ではおそらく、漁業の増加によるマイナス影響を相殺したであろう。しかし顕著な資源回復にはつながってはいないように思われる」と。

「データと漁業者からの報告は我々が規則改定が必要なことを示している。規則見直しては、とりわけ、最小サイズ、漁具の数、漁期の長さの点検が必要。これに要る新規則は来年漁期までには決めることになる」と彼はいう。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« エビ漁業の構造改革の約束は... | トップ | 海鳥保護にレーダーを使用 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む