memories on the sea 海の記録

海、船、港、魚、人々、食・・・などなんでもありを前提に、想い出すこと思いつくこと自由に載せます。

乱獲によりマイワシが消滅する

2017-02-12 00:31:06 | 

環境保護主義者らはlこの惑星からマイワシが消滅する危機にあることを心配している(1月19日Expess.co.Uk)

人気のある骨っぽいこの魚はアフリカで大量に漁獲されている。この小さな大西洋産魚は昼食にこのまれまた夕食のタパスとして食されているが、消滅の危機に瀕している。アフリカの海岸からの漁獲量が減少し、マデイラン・イワシや他の多くの魚種が忘却される方向に向かっているとこの惑星のレッドリストの有力な管理者が警告している。IUCN国際自然保護連盟は鏡警告を発した。アフリカ西海岸の食生活に依存している最大4億人の食糧安全保障危機と同様に、魚種の差し迫った大惨事となるという。

これらはマングローブ、ラグーン、河口、沿岸の海岸で豊かな多様な魚が発見され、世界の富裕な水の一部である。何百万人もの人々に食糧や生活援助を提供するだけでなく、魚資源は国家経済の強化にも重要な役割を果たす。

1288種の骨格魚類の保全状況を研究している科学者は、乱獲、汚染、生息場所の棄損、気候変動などによる不審な脅威を引き起こしていることを見出し心配している。

西洋では、イワシは「スーパーフード」であるという評判を得ている。調査によると、評価された種のうち37種が絶滅の危機に瀕しており、14種がモーリタニア南部からアンゴラにかけての海洋水域で脅かされている。魚は沿岸集落にとってs需要な動物蛋白源である。

IUCNのInger Andersen は消滅危惧魚種の80%までが沿岸の人々の必須食糧として小規模漁業で漁獲されているという。この中にはMaderian sardine (Sardinella maderensis)も含まれ, 現在は危機にあるとしてリストアップされている。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 故障したクルーズ船が重量物... | トップ | 地球の温暖化で魚の毒性が増... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む