memories on the sea 海の記録

海、船、港、魚、人々、食・・・などなんでもありを前提に、想い出すこと思いつくこと自由に載せます。

アラスカ漁業は気候変動の影響を受けていない

2016-10-14 09:05:56 | 水産・海洋

 

 

海岸線の侵食、水温上昇、氷山の溶解などで、アラスカは温暖化する地球の影響を感じている。しかしながら、新しい連邦政府報告によるとこの州の漁業は気候変動の影響を受けている様子は今のところ見られない(9月21日AND)

 

アラスカの商業漁業は数十億ドルの産業である。ここの漁師らはこの国のどこよりも多く、18年間継続してダッチハーバーに水揚げをしてきた。この点について研究者のTerry Johnsonはこの産業にとっては気候変動は大きな話題になっていない。むしろ若年漁師の問題が影響するという。「我々は来年おことについて話し合っている。今世紀あるいは 仕事をしている間の若年参入者のことだ」という。このことについて業者は関心がある。

 Sea Grant の研究者としてNOAAの分派として彼は数百の論文を作成、科学者や関係者らのインタビューを行い、ポピュラーメデイアを通じ報告を行っている。Johnson は気候変動は他種漁業に影響するだろうしかサケ漁業に高水温のほうが良い、スケソウダラやカニはこれとは別でよくないだろうという。

Johnson はエルニーニョや小塊のような短期の海洋温暖化は漁業に対する気候変動の長期的な影響をプレビューすることができる。「これから50年後について長期周囲温度は、短期イベント中に、得たものと同じである。資源が水からを改造してゆくことを見ることができる」、「ある種は栄、別の種は消滅する」という。

Johnsonは、今のところアラスカ漁業に与える長期気候変動の衝撃は比較的穏やかである。商業的に重要な魚種は繁栄し、一方スポーツ漁や自給自足的資源種は平常の反ににあるだろう。例外的なのはマスノスケChinook salmonの抜本的な減少で、これは気候変動と海洋の酸性化に結び付けることができた。しかし調査はいまだ行われていない。アラスカの未来は南を探しているのと同じくらい簡単とJohnsonはいう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 巨大なシログチを漁獲、売値... | トップ | NANO FISH が体内で活躍? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む