memories on the sea 海の記録

海、船、港、魚、人々、食・・・などなんでもありを前提に、想い出すこと思いつくこと自由に載せます。

オキアミ裁判

2017-05-13 00:50:20 | 水産・海洋

ノルウェーのオキアミ漁業者間の長期にわたる法的闘争が約束されたことは、国際貿易委員会(ITC)でののAkerBiomarine訴えが取り下げられたことによって、部分的に回避された。(4月22日FF)

Rimfrost社ののStigRemøyによると、この裁判中止はRimfrostの新しい機会の開拓と一致しているという。 「これは良いニュースであり、私たちはまったく正しいことを実証している。Biomarineの裁判はない。自然を特許とすることはできない、とStigRemøyはいう。また、StarkRemøy氏は、Aker BioMarineとRimfrostとの間の特許紛争は世界中のオキアミ市場にマイナスの影響を与えていると付け加えた。

もともとAker BioMarineは国際貿易委員会ITCにこの訴状を提出していた。Rimfrost特許のいくつかを侵害し、Olympic Holding, Rimfrost, Emerald Fisheries およびそのパートナーのAvoca と Bioriginalに対する米国の訴訟を同時に開始したと主張している。デラウェア州地方裁判所に提出されたこの訴訟では、Aker BioMarineは、Aker BioMarineの特許取得済みプロセスを使用し、特許取得済みのオキアミ油製品を販売していると主張した。

「ITCの調査が始まって以来、オリンピックホールディングとエメラルド漁業は破産し、Juvel krillのオキアミ漁船債権者によって押収された」とAker BioMarine広報担当者がコメントした。「先週、AvocaとAker BioMarineは、両当事者間で秘密条件のもとで特許紛争を解決した。 これらの進展を考慮して、Aker BioMarineはITCに調査の中止を要請した」

しかし、Aker BioMarineは、Delawareでの係属中の地方裁判所において、RimfrostとBioriginalの特許侵害および損害賠償請求を引き続き追求するつもりであると。

A StigRemøyによると、Aker BioMarineはRimfrostに対する敵対的行動の長い歴史があるという。「私たちが目にしているのは、グローバルなオキアミ独占を得るためのAker Biomarineの厳しいやり方である。これは成功せず、私たちによって受け入れられない。。 2007年にオキアミのライセンスが割り当てられたとき、ノルウェーの当局はライセンスが複数のプレーヤーに配布されることが国の関心事であることを明らかにしている。Aker BiomarineがITCの訴状を一方的に取り下げたため、米国特許審判裁判所(PTAB)は、RimfrostのAker Biomarineの特許に対する4件の申立てを検討」と、彼はいう。he said, upbeat about the future of the company’s krill fishing opportunities.

Rimfrostはオキアミについては野心的です。 われわれのかなりのオキアミ油の能力は、私たちが世界中で販売することを可能にしする。 さらに、オキアミは水産養殖市場において大きな可能性を秘めている。 私たちの技術は、養殖されたサケの成長を促進し、健康を改善する」という。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« コンテナ船がギリシャ水域で漂流 | トップ | 故障したフェリー曳航されて... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む