memories on the sea 海の記録

海、船、港、魚、人々、食・・・などなんでもありを前提に、想い出すこと思いつくこと自由に載せます。

エビ漁業の構造改革の約束はいまだ果たされてはいない  タイ (1)

2016-10-15 11:50:11 | 水産・海洋

SAMUT SAKHON発:水産物部門での人身売買行為にからむ国際的圧力の直面したタイはおよそ丸1年前に奴隷労働の被害者に対する補償と業界リーダーはエビ加工処理について改革を約束した(9月22日AP /BKKPOST )

それは常に起きてはいない。一部の依然エビ剥き作業に囚われていた作業者らは送還され、エビ剥き加工場は検査を受けたのち操業を持続している。

奴隷労働から逃れたTin Nyo Winは警察に虐待を通報したが、彼は妊婦の妻や6人のおほかの者らとともに今月ミヤンマーに送還された。それまで彼らはタイ政府のシェルターにおよそ1年間拘置されていた。当局は彼ら夫婦は犠牲者ではあるがタイへの密入国者であるという。

かれらは人間扱いされず、イヌと同様だ」と' Tin Nyo Winはタイ政府が彼らを連れ出す一時間前に語っていた。「彼らはすでに被害者である我々をいじめようとした」という。

タイ外務省Nattamon Punbhocharはこのカップルは補償を一切求めなかった、タイ‐ミヤンマー間の覚書に従って送還されたものだという。「彼らは雇用者に対して賃金を要求しなかった、ただ母国に帰りたいと望んだ」という。これについてWin は否定した。彼は破産者であり、補償を受けようと求めた。

AP通信社はタイの一部の対米エビ輸出タ社は以前は囚われた労働者らを車にでましな仕事に就けていた。しかしそのほかは仲介者を通じ遠隔地から雇用し、倉庫に押し込めた。業界は人身売買が暴露された後、屋外でのエビ剥き作業は昨年末までに止めることを約束していた。

作業小屋の持ち主はしばしば環境、労働安全法を破る。109件調査したうちの75%までが違法行為を行い、そのうちの24件は閉鎖を命じられた。

人権団体とメデイアはタイの年間70億ドル相当の輸出産業の虐待を文書化しこれが国際的な圧力を生んだ。昨年、 AP 通信社はインドネシアの離島Benjinaで漁民が檻に入れられていることを暴いた。津席したところそこの魚はタイに送られたのちに米国に輸出された。このことから2,000人の労働者らが救出された。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 税関がマレーシアからの硝酸... | トップ | フィッシュミール粉塵で水産... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む