memories on the sea 海の記録

海、船、港、魚、人々、食・・・などなんでもありを前提に、想い出すこと思いつくこと自由に載せます。

あなたの食べている寿司の魚は何?

2017-08-13 11:59:34 | 

サバ類やニシンを知らない英国の顧客にエキゾチックな熱帯種が販売されている。多くの寿司バーやサプライヤーは、新種に精通していない英国の顧客には、魚を正しく表示していない。(716Guradian)

寿司バーや店舗では、新しい調査によれば、英国の顧客に無関係に異国の魚種を定期的に偽って販売しているという。

報告書に引用されたケースでは、顧客は熱帯品種のときに大西洋から魚を購入していると考えていたが、多くの魚はどこから来たのかについてほとんど明らかにしていない一般名で販売されていた。いくつかの種は絶滅の危機に瀕していたが、他の種は非常にまれで、資源規模についてはほとんど知られていなかった。この調査結果はますます複雑化しグローバル化している食糧供給チェーンが異例の種を危険にさらしていることを示唆している。

サルフォード大学の保存遺伝学者、ステファノ・マリアニ教授は、同僚のクリスティーナ・ディ・ムリ氏とともに、エクセターの英国漁業協会創立50周年シンポジウムで「これは透明性に関する問題」と発表した

"人々は彼らが何を買っているのか分からない。今では評価されていない、あまり知られていない種には巨大な取引がある。我々は数百種の魚について話している。我々は彼らが正しくラベル付けされていないことを発見した。消費者が情報に基づいた購買決定を下すことがいかに不可能であるか想像してみてほしい。

このペアは、リバプールとマンチェスターの食料品店からのサンプルをテストした。彼らは、カリブ海料理で使用されている熱帯魚である赤い鯛のラベルをした魚が、実際に冷たい水である大西洋の種であることを発見した。いくつかの標識されたサバは、紅海とポリネシアで発見されたインディアンサバ、またはインドとアラビアの半島周辺で主に発見された熱帯ニシンの一種であることが判明した。アフリカ料理でよく知られているイシモチのラベルを付けられた魚は、日本とインドネシアから、遠く離れた4つの品種のいずれかであることが判明した。

「イシモチにあっては資源のレベルについて評価されていない種がたくさんある」と、マリアーニ氏は言う。それらは "彼らは収穫すべきでない人や違法漁業から来た可能性がある。サプライヤーは、その魚がどこから来るのかを知っているため、主要な犯人である。店主はその知識を持っていない。彼らが売っていた魚の種類について尋ねられたとき、ほとんどの人は詳細な知識がなく、単に彼らが「魚」を売っていると言った」

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Kriti Sea が座礁 | トップ | 世界のさけイニシアテブに4社... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

」カテゴリの最新記事