memories on the sea 海の記録

海、船、港、魚、人々、食・・・などなんでもありを前提に、想い出すこと思いつくこと自由に載せます。

シーフードをもとめる地中海諸国(1)

2017-06-18 00:04:24 | 水産・海洋

 

ヨーロッパの地中海諸国は現在、WWFが発表したばかりの報告書によると、生産される水産物の約2倍を輸入している。524SfS)

工業技術の利用の増加、キャッチモニタリングの不足、違法、規制されていない、報告されていない(IUU)漁業の広がり、および多数の環境要因による魚資源の減少と相まって、捨ては豊かな海であった地中海の生産量が減少している。

地元の住人や地域に集まる観光客にとって、新鮮な地元の魚は、黄金のビーチや日当たりの良い気候と同じくらい地中海の経験の一部である。職人的漁業コミュニティ、魚市場、シーフードレストラン、海洋遺産はすべて、この地域のユニークな経済的、社会的、文化的アイデンティティの中心である。

報告書 "WWF Seafood and the Mediterranean 2017"は、評価された魚資源の93%以上が過剰漁獲によって脅かされている地中海の状況はその理想化されたイメージがもはや一致しないことを見出した。

同地域で最大の漁獲量は、イワシとアンチョビ(42%)、底魚種(21%)、頭足類(8%)、甲殻類(7%)、軟体動物と貝類(6%)、マグロやカジキ( 5%)。となっている。スペイン、フランス、ギリシャ、イタリア、スロベニア、クロアチアなどのヨーロッパの地中海諸国は現在、地中海から大西洋からの漁獲量の3倍を漁獲している。モロッコ、トルコ、モーリタニア、チュニジア、エジプト、アルジェリア、リビアなどの発展途上国からの輸入量は、これらの地中海国で漁獲捕獲された1キロにつき2キロも輸入されている。製品はまた、これらの国、特に低価値の加工品および缶詰製品、魚粉および餌料ュに輸出されている。

ヨーロッパの地中海諸国は、世界で最も高い魚介類の消費者であり、年間平均消費量は、一人当たり33.4kgEUは平均22.9kg、世界平均は19.2kgである。興味深いことに、報告書はポルトガルも含まれているが、この国の海岸線は地中海の外で始まる。ポルトガルでは年間最大のシーフード消費量が56.8kg /人、次いでスペインで42.4kgとなっている。

2014年の魚類および水産物の年間支出は、345億ユーロ(388億米ドル)以上で、全ユーロ圏の63%に相当する。このカテゴリに費やす。ユーロ圏の人口の約3分の1に過ぎないにもかかわらず、スペイン、イタリア、フランスが支出の半分以上を占めている。

報告書によると、地中海東部諸国が毎年摂取する魚7.5百万トン、国内からの魚は275万トンで、500万トが不足する。興味深いことに、イワシとアンチョビの市場は、地元の漁獲量によって100パーセント、底魚種は96パーセント満たされている。しかし、輸入は、タコやイカなどの頭足類の需要の82%、甲殻類の72%、マグロの75%、軟体動物や二枚貝の32%を補填する必要がある。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スッキパー・ショウは成功裏... | トップ | 国内養殖生産を増強  ロシア »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む