memories on the sea 海の記録

海、船、港、魚、人々、食・・・などなんでもありを前提に、想い出すこと思いつくこと自由に載せます。

コンテナ船Manhattan Bridgeの爆発による死傷者で規制が発せられた

2017-07-31 09:51:56 | 海事

船舶のボイラー爆発船員、深刻火傷事故があったことから船舶爆発防止規制強調されている7s3SNT)

119FelixstoweMANHATTAN BRIDGEに乗船中35のフィリッピン船員Celso Banas死亡した。。今年初めに開かれた尋問では、ボイラールームでの蒸気爆発によってMr.Banasは破片に襲われ負傷し、のちに死亡したもの

英国海洋庁調査班(MAIB)は、昨日、このの爆発に関する別の調査に基づいて、安全アドバイスを発表した。 MAIBは、日本船MANHATTAN BRIDGE2等機関士が、爆発の時に、機関室でオイラーのバナス氏と一緒に、ボイラーの火災警報を調べていたと語った。

バナス氏は爆発の直後に激しい負傷を負って死亡したが、機関士は腕と顔に火傷を負った。事故現場調査の結果は、MAIBが最初のボイラ火災の失敗に関連する可能性のある問題についての安全アドバイスを公表するよう促した。 MAIBは、事故に至るまで、国際排出ガス規制に準拠するため、ボイラー燃料供給を重油からマリンガスオイルに切り替えたと述べた。

ボイラー燃料システムの試験では、燃料の流れを制限するのに十分であると判明した“waxy deposits”が確認された.MAIBは、「より厳しい」硫黄排出制限の実施に伴う寒冷水でのエンジン性能問題の増加を示している

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 沿岸警備隊が違法漁師を阻止 ... | トップ | 英国海峡で衝突 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む