memories on the sea 海の記録

海、船、港、魚、人々、食・・・などなんでもありを前提に、想い出すこと思いつくこと自由に載せます。

シーフードを求める地中海諸国 (2)

2017-06-19 00:03:10 | 水産・海洋

WWFは、先週イタリアのジェノバで開催されたSlow Fish 2017で、残りの地中海魚資源を保護し、より持続可能な海洋の未来に向けて働き、養殖生産を増やすという緊急の必要性について提唱した。

水産養殖は、現在、欧州の地中海地域で魚の水揚総量の約3分の1を生産している。ギリシャとイタリアでは、水産養殖は天然捕獲を超えており、世界の状況を反映しており、消費された魚の半数以上が水産養殖に由来している。

報告書には、若年種を保護するための持続可能な漁法に関する国家間のより良い協力や、海洋管理協議会(MSC)などの持続可能性認証のより多くの摂取を含む、被害を逆転するために取ることができるステップの概要が記載されている。また、ヨーロッパの地中海の消費者は異なる種を試みることを奨励し、漁師はこれらを販売して地元のトリガー、特に産地、職人の生産と持続可能性にアピールするために市場に投入するよう促している。

報告書によれば、「教育の問題」と述べた。インフォームドコンセントは積極的にアウトカムの向上に貢献する。彼らが実際に何を食べているのか、どのように漁獲されているのか、どこから来ているのか、収穫にどのような影響があったのかを知ると、社会的および環境的要因が決定を下す重要性を増す。ラベリングは包括的かつ正確でなければならないため、消費者は彼らの言葉を理解して信頼することができる。

WWFの多言語オンライン、サステイナビラブルシーフードガイドは、ヨーロッパの12の国で利用可能なシーフードについての情報を購入し、情報提供の選択肢を提供するために信号機方式システムで評価している。

購買客が食習慣を変えるよう説得する必要がある場合は、よく知られているシェフのレシピの新鮮なものを試してもらうように促している。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 海にやさしい網漁具 | トップ | 貨物船がイスタンブール海峡... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む