memories on the sea 海の記録

海、船、港、魚、人々、食・・・などなんでもありを前提に、想い出すこと思いつくこと自由に載せます。

パナマ運河通航記録を更新: コンテナ船13,926-TEU OOCL France

2017-06-14 08:24:01 | 海事

パナマ運河は、香港の13,926-TEU OOCL FRANCEが約1年前に拡張された水路を通行したことで、独自の記録を更新した。

366.47メートル、幅48.23メートルのOOCLFRANCEは太平洋側から運河を通航した。「この13,000TEU以上の船舶の通航の傾向は、海運業界が拡大した運河によって提供されるサービスに受け入れ、信頼していることを実証している」と運河管理者のJorge Quijanoは述べた。水路を使用することにより、船舶は代替ルートと比較して5,00026,000トンの二酸化炭素(CO2)を削減した。
 
今日まで、合計1,360隻のネオパナマクス(neopanamax)船舶が拡張された運河を通過した。このうちコンテナ船は43.8%、液化石油ガス(LNG)は29%、液化天然ガス(LNG)は8.1%であった。
 
パナマ運河を経由してアジア・アメリカの東海岸の港を結ぶ、新しいOCEANアライアンスの週1回のSouth Atlantic Express (SAX)サービスに配備されたコンテナ船13,345-TEU COSCO DEVELOPMENTがこれまでの最大記録であった。
T
SAXサービスは、11,00013,000TEUの規模の11隻によって運営されている。 OOCL Franceは、このサービスの第2船であり、5月の早い段階でCosco Developmentの後に拡張された運河を通過。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 東京湾での衝突事故 | トップ | 若いシーフドシェフらをイタ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

海事」カテゴリの最新記事