memories on the sea 海の記録

海、船、港、魚、人々、食・・・などなんでもありを前提に、想い出すこと思いつくこと自由に載せます。

バナメイエビ養殖の利益はブラックタイガーよりも少ない  ベトナム

2017-03-20 11:30:39 | 亜細亜海道

HÀ NỘI 発:- 大規模なパイロットモデルでバナメイエビを飼育するコスト用は、CửuLong(メコンデルタ)州で1ヘクタールあたり最大13.5百万ドン(US $ 590)で、収益は1ヘクタール当たりVNĐが17.2百万ドン(750ドル)という(3月4日VNN)

それに対しブラックタイガーは、1ヘクタール当たりのコストは虎のエビを飼育する費用は約800万ドン(350ドル)で、利益はヘクタールあたり2200万ウドン(960ドル)に達するという。このデータは、農業・地方開発省の漁業局が昨日、HàNộiで開催されたワークショップで明らかにしたものである。Phan ThanhLâm、農業第2研究所副所長は、このデータは、BạcLiêu、CàMauおよびKiênGiangの3つのメコンデルタ州で169のエビ農場が参加した、研究所が最近実施した調査の結果であると述べた。

Lâm氏はバナメイエビの育成モデルが農業部門や地元の育種者にもたらす可能性のある経済効率と社会的影響を当初評価することを目的とした調査で、当局はバナメイエビのデルタでの栽培を長期的に計画することができたという。調査結果によると、地元の養殖業者にはエビの病気対策や技術が不足していると指摘された。いくつかの世帯でハバナメイエビを養殖場から環境に逃げさせ、生物多様性への影響について心配しているということが分かったという。

 

養殖漁業持続可能性に関する国際共同研究センターの責任者であるLêThanhLựuは、バナメイエビの養殖期間は、ブラックタイガーのそれよりも短いと語った。また、バナメイエビは多くの消費者に向いており市場で販売しやすいという。しかし、養殖業者らはいくつかの課題に直面している。それはブラックタイガーに比べコストが高いこと。

さらに、バングラデシュを除くすべてのエビ輸出国がバナメイを主要輸出品目としているため、業者は外国と競争する大きな圧力を受けるだろう、と彼は述べた。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« シシャモが大漁 アイスランド | トップ | 豪州との大きな貿易の可能性... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む