memories on the sea 海の記録

海、船、港、魚、人々、食・・・などなんでもありを前提に、想い出すこと思いつくこと自由に載せます。

船上スチーマー装備でズワイガニの品質向上

2017-04-24 00:22:06 | 

CT international 社は最近、ズワイガニおよびその他の甲殻類のための最初の船上蒸気処理器を開発した。(4月10日FF)

このスチーム処理器はカニのより穏やかな加工を可能にし、より多くの味と食感を肉に残すことができる。これにより末端ユーザーにより良い製品を提供できる。通常、ズワイガニ漁船はに数週間洋上にいる。最良の品質を保証するために、カニは蒸気調理され、処理され、凍結される。伝統的なボイラーの代わりにスチームクッカーを使用することにより、カニの肉はより良い品質となる。

「蒸気がボイルすると、伝統的なボイル方式よりも穏やかな処理ができる。肉のビタミン、ミネラル、食感がよりよく保存され、より豊かな味わいが得られる」とCT International社のエンジニアMathias Hvimsはいう。

ノルウェーの科学者たちは、この方式により収縮が減少し、歩留まりが4.4%向上することを証明した。カニの味を保つことに加えて、このすちーむ処理法はより良い作業環境を保証できる。蟹が殺された後、脚は蒸気処理器に降ろされ、処理器は調理中に閉じられる。 料理が終わると、カニは塩水で冷却され、蒸気がなくなる。これにより、乗組員が甲殻類による喘息を発症するリスクにさらされないことになる。ズワイガニは日本や東南アジアでは繊細とされ、需要が高い。CT International 社はブリュッセルのSPG 2017に出展する。展示 ホール4スタンド5911である。(以下省略)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« タグボートが意図的にGolden ... | トップ | 地中海魚類資源が警告レベル... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

」カテゴリの最新記事