memories on the sea 海の記録

海、船、港、魚、人々、食・・・などなんでもありを前提に、想い出すこと思いつくこと自由に載せます。

数億ドルのサケ養殖場の取り組み    中国

2016-11-08 00:28:51 | 

中国は自国でのサケ供給のために新たな取り組みを使用としている(10月12日SfS)

この分野への新規参入者である日照市Rizhao Res Mo Ze Feng Yu Ye Ltd Co.社が黄海に面した日照沿岸に新規に養殖場を開設と発表した。この海は中国と二つの朝鮮に接続している。

この会社は最終的には年間20,000 トンのサケ生産を目指していると、。この会社の設立者でCEOであるLi Ze Mingがいう。

設立は 2013年で,この会社はすでに  CNY 2400万元 (USD 3.6 million, EUR 3.2 million) を投下し、稚魚を調達、日照市沖合の冷水域のいけすに入れている。この地域はエビ、ホタテ、鰭魚の生産で有名である。

同社は5キロ物のサケを2年以内に収穫できるといい、その一尾は200中国元(USD 30, EUR 27)で販売する計画という。販売は2017年間等の予定であるがその詳細は発表していない。Rizhaon日照市は水産加工と流通の主要都市である青島まで車で2時間である。サケによる有利な利益は長い間中国漁業界で興味を持たれてきた。

中国には黄海に十分な寒冷水性資源があると中国の養殖研究所を率いるの青島海洋大学教授Dong Shuanglinはいう。「 130,000平方キロの海の水温はサケ養殖に最適である」とShuanglin はいう。「仮にその海面の1%を利用しただけでも膨大な量のサケ用h則ができる」という。(中略)

知名度の高い企業としてOriental Ocean社があり、ここは国内のスーパーマーケット網にサケを供給している。販売方法は様々である、大量販売方式で レストランに卸している。都市の若年層対象の処理済みのオンライン需要やサケのパッケージ食などがあるが活魚の販売も一部行っている。一方中国のスーパーマーケットは依然淡水魚のコイやテイラピアを扱っている。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 深海からのアリア | トップ | 優勝者らがノルウエーを訪問した »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む